これさえあれば毎日の犬の散歩が快適に!便利な散歩グッズを厳選しました!

これさえあれば毎日の犬の散歩が快適に!便利な散歩グッズを厳選しました!

犬の散歩は、最も手軽に行える健康管理法です。普段、何となくしている愛犬の散歩ですが、運動不足解消やストレス発散、それに飼い主とのコミュニケーションなど、愛犬の健康を考えるうえで欠かせない要素がたくさん詰まっているのです。

また、散歩へと出かけることで飼い主自身の運動不足解消やリフレッシュ効果もあるため、まさに一石二鳥のメリットがありますよね?

そしてただ歩くだけではなく、最近ではファッション性や機能性にもこだわる飼い主さんが増えています。どことなくマンネリ化しやすいお散歩だからこそ、ちょっとだけグッズにこだわってみるだけで、普段より何倍も楽しくなったりもしますし、マンネリ化を防ぐこともできます。

ここでは、愛犬のお散歩時に必要となるグッズについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

犬の散歩に首輪・リードは必須!

首輪・リードは種類が豊富!

愛犬のお散歩に必要なアイテムの代表といえば首輪やリードです。最近ではノーリード厳禁というところも増えており、愛犬家のマナーが問われています。

それだけに、たとえお散歩でなくても、お出掛けには必ず首輪やリードだけは携帯しておく必要がありますので、あらゆるシーンで必要となるものでもありますね。

首輪やリードともなると、その種類も実に豊富!一体どれを選んだらいいのか迷うほどです。ただし、種類が豊富だからこそリーズナブルな価格で手に入るというのもメリットですので、お出かけ用や日常のお散歩用など使い分けのために購入しておくのもいいでしょう。

首輪でメジャーなタイプといえば、バックルタイプやベルトタイプということになりますが、散歩のしつけのために使用するチェーンチョークやハーフチョークといったタイプもあります。

オシャレ面でこだわりたいのであれば、たとえばオーダーメイドで世界でたったひとつの首輪を作るのもいいでしょうし、有名ブランドの中からお気に入りを探すのもいいでしょう。

人の洋服と同じで、やや値が張るものはやはり物持ちも違いますし、長く使い続ければそれだけアイテムに対する愛着も湧きます。愛犬にとっても、突然慣れない首輪に取り換えられるよりは、普段から装着し慣れたものの方がストレスも少なくて済みます。

おすすめの首輪

リードは、一般的には首輪と同じデザインでワンセットで売られているケースも多く、首輪とリードのデザインを統一したいという方はセットになったタイプをチョイスするのもおすすめです。

おすすめのリード

また、大型犬など引く力の強い犬種であれば、皮製のリードの方が丈夫で長持ちしますし、皮製のタイプは使えば使うほど手にも馴染んでくるという特徴があります。その他、首輪ではなく胴輪を使用する飼い主さんもいますし、ハーネスを使用する飼い主さんもいます。

おすすめのハーネス

ハーネスは、特に呼吸器に疾患のある犬であるとか、成犬未満の犬であったりする場合はおすすめのアイテムです。ただしハーネスは引っ張り癖を招いてしまうことでも知られていますので、特別な事情がない限りはなるべく通常の首輪を用いた方が安全です。

排泄物の処理は散歩のマナーです!

排泄物の処理は散歩のマナーです!

お散歩時のマナーという意味では排泄物などの処理も飼い主の役目です。愛犬家のマナーが世間的に広く浸透してきたといっても、未だにそれを守れない飼い主が多いのはとても残念な気がします。

うんちやおしっこをしてしまうのは犬であれば当然のことですから、そうした場合に備えた準備も必要です。そんな時に頼れるのがうんち処理のグッズです。

飼い主さんによっては、シャベルとビニール袋、ティッシュなどを持参している方もいらっしゃるかと思いますが、それだとちょっと面倒くさい感じもしますよね?

うんち処理グッズにも様々なタイプがあり、ペットショップやホームセンターはもちろん、コンビニでも売られています。うんち処理専用のスコップタイプや、うんち処理袋、愛犬のうんちをダイレクトでキャッチするタイプなどなど、こちらも豊富な種類がラインナップされています。

拾ったうんちを入れておくためのマナーポーチもあります。専用のものであれば気密性が高く、においを閉じ込めてくれるため、周囲を不快にさせてしまう心配もありません。

また、おしっこの場合は水で流して処理したり、消臭スプレーなどで消臭殺菌することも忘れてはいけません。おしっこを放置すれば雑菌も繁殖しますし、そうなると悪臭の原因になります。対象物が汚れてしまうだけでなく、変色や錆びをも招きかねません。

また、他の犬がそこへマーキングすればどんどん衛生環境も悪くなってしまいます。最近では水を入れたペットボトルを持参している飼い主さんも多く見かけるようになりました。

おしっこの処理としては、ペットボトルに水を入れて持ち歩くのが一般化しており、認知度も上がっています。おすすめグッズとしては、ペットボトルの先に取り付けられるワンタッチ式のキャップなども販売されています。

こうしたグッズであれば、わざわざペットボトルのキャップを開ける手間も省くことができ、便利です。また、水で流した後に、消臭殺菌スプレーなどを併用すると、マナー意識の高い飼い主さんだと言えるでしょう。

散歩中にも「おやつ」や「おもちゃ」があると喜びます

散歩中のおやつやおもちゃ

お散歩と同時に意識したいのが愛犬とのコミュニケーションですね。そして、そんなコミュニケーションを高めるためのアイテムとして活用できるのがおやつやおもちゃです。

特に、運動量の豊富な犬であればお散歩以外の運動も取り入れてあげる必要がありますので、フリスビーやボールといったアイテムが活躍してくれます。

おやつに関しては与え過ぎは厳禁ですが、常に飼い主の方へ意識を向けさせたい時に重宝します。

他の犬や人に意識が向いてしうと、何かのきっかけでトラブルを招いてしまうきっかけにもなりかねません。特に屋外は犬にとっても様々な刺激がありますので、普段よりも興奮気味になってしまう犬も少なくありません。

万が一のトラブルを防止する意味でも、なるべく飼い主の方へ意識を向けておくことは重要です。そのためのツールとして、おやつが最も効果的なアイテムです。

お散歩バッグもあると便利です!

お散歩バッグもあると便利です!

これは、なければならないというものでもありませんが、あったらあったでとても便利です。これまで紹介してきたお散歩グッズは、やはりひとまとめにして持ち歩いた方が効率的に持ち運べます。

最近ではお散歩バッグの種類も増えており、デザイン性や機能性に優れたものもリーズナブル価格で購入できるようになってきました。

お散歩バッグはお散歩用に作られているので、ペットボトルや小物などを入れられるポケットも充実していますし、防臭効果・抗菌効果の高いものもあります。

お散歩バッグをひとつ用意しておくだけで、普段のお散歩はもちろん、遠出などにも活用できます。

雨の日の散歩はレインコートが必須

雨の日の散歩はレインコートが必須

お散歩をするのは、なにも晴れた日だけに限りません。お散歩が日課になっている犬だったら、雨が降っても雪が降ってもお散歩に行きたいもの。飼い主がお散歩を渋っていると、吠えて催促してくる犬もいますよね。

そんな悪天候の中お散歩するときに活躍するのがレインコート。レインコートを身に付けることで濡れてしまうことも防げますし、泥がはねて付いてしまうのを防ぐこともできます。逆にレインコートを付けていなかったら、泥などが付いて衛生上よくない状態でお散歩を続けてしまうことになります。

快適なお散歩タイムのためにも、レインコートの着用を心がけましょう。

willmatch 犬用レインコート

柔らかい素材でできているので着脱も簡単。首の後ろにはリードを通す穴も開いています。2本の反射ラインが付いているので夜間のお散歩の時でも安心です。色はイエロー・グリーン・ブルー・レッドの4色展開。サイズは5サイズ展開です。

willmatch 犬用レインコートの口コミ

「今までレインコートなしで散歩に行っていたのですが、友達から着させた方がいいよと言われて購入しました。

薄いのに思ったよりも丈夫なので、あまり詳しく調べずに買ったのにいい買い物ができたなと思っています。雨上がりの時でも泥が跳ねかえってついてしまうのを防げるので便利ですね。なんで今まで使っていなかったんだろう。」

「家に届いた時にさっそく着せてみました。嫌がることなくおとなしくしていましたし、着てからもいつも通りだったので、これなら安心して散歩に出れそう。

ちょっと足が短いかなという気もしますが。大雨の時はまだ散歩に行っていませんが、小雨程度だったら大きな問題はなさそうです。」

生地が柔らかいおかげでしょうか、着せる時とかにガサガサと音がすることもなく、おとなしくしてくれています。

以前使っていたものは着せるときに嫌がっていたので、とっても助かっています。

しっぽの付け根の方までカバーしてくれるし、そのおかげでおしりのラインも可愛らしくなるので、雨の日の散歩にひとつ癒しを与えてくれます。」

Treat Me ペットレインコート

雨は通さずに湿気だけの逃す、レインコート内が蒸れにくい素材でできています。さらに耐久性も高いすぐれもの。反射ラインもついているので暗い時間でも安心です。

色はパープル・ブラック・ブルーの3色展開で、サイズは5サイズ展開。伸縮性がないのでジャストサイズよりは一回り大きいサイズを選んだ方がいいでしょう。

留め具部分がT字型になっていて隙間があるので、服を着るのが苦手な犬でも付けやすくなっています。まずレインコートというものに慣れさせたい、という人におすすめ。

Treat Me ペットレインコートの口コミ

「素材も軽いし丈夫そうなので、雑な使い方をしなければ何年も使えそうな気がします。マジックテープ式なので固定も簡単だし、多少はサイズ調整ができます。

デザイン性もよくて、うちはブラックを購入しましたがカッコよく決まっているので、雨の日のお散歩でもなんだか楽しい気分になれます。」

「脚の部分がない分着せやすくてとっても便利。我が家の犬は服を着るのを嫌がるのですが、簡単に着させることができてありがたいです。

最初のうちは着るのを嫌がっていましたが、今ではもう慣れたものでおとなしくしています。大雨の時には内側まで濡れてきてしまいましたが、そこまで強い雨でなければこれで充分役目を果たしてくれます。」

「雨の日でも散歩に行きたがるので、着せるのが簡単そうなレインコートを探していて見つけました。届いてみたら生地もしっかりとした感じだし、嫌がることなく着てくれてました。

ただ脚の付け根辺りが覆われていないので、脚が短いうちのコは付け根からお腹周りの方まで泥が付いてしまいました。」

LeafIn レインコート

おサルさんとハートのイラストがとっても可愛らしくて、着せて散歩していれば雨の憂鬱な気分も吹き飛んじゃいます。コンパクトにまとまるので、急な雨対策としてバッグに入れておくのにも便利。

足首の部分はゴムが付いているので足元の汚れ対策もバッチリ!内側はネット使用で通気性にも優れています。フードの後ろには牽引用のフック付き。

色はピンク・イエロー・ブルーの3色展開でサイズは5サイズ展開です。

LeafIn レインコートの口コミ

「なんといっても可愛らしいのがいいですね。お散歩中にすれ違う人にかわいい~って言ってもらえるのがうれしいです。

フードもついているので頭まですっぽりと可愛らしく覆えます。リードは穴が開いているタイプではなくひっかける金具がついています。なので穴から雨が入る心配もなくて安心。」

「脚のところがゴムになっていてピタッとフィットするのですが、反面着せるときに穴が小さくなってしまうので、着せる時が一苦労。

着せてしまえば隙間から汚れが入ってしまわないようにできるのですが、思ったより長さがなく脚の防御力はそこまで高くはありません。でも胴体の方は雨も汚れもバッチリ防いでくれるので、総合的には合格点です。」

「うちは雨の日はお散歩に行かないのですが、可愛らしさで思わず買ってしまい、家の中で着させてみました

家族全員、可愛いと大満足!せっかく買ったんだから雨の日にお散歩に行こうという気持ちと、汚したくないという本末転倒な気持ちで揺れています(笑)」

犬用の靴(靴下)

犬用の靴(靴下)

意外と見落としがちなお散歩グッズが「靴」。夏の日差しで熱くなったコンクリートを歩けば肉球がヤケドしてしまいます。冬は冬で冷たくなったコンクリートや雪の中を歩けば凍傷の恐れも。

そこで活躍するのが犬用の靴なのです。靴を履けば暑さ寒さから守ってくれますし、怪我の防止や、すでにできてしまっている傷口の保護にもなります。汚れが付くのも防げますので、お散歩帰りに洗う手間も簡略できますね。

そんな便利な靴ですが、無理矢理履かせようとすれば嫌がってしまいます。徐々に徐々に慣らしていくようにしましょう。

ポウズ ラバードッグブーツ

天然ゴムでできたニューヨーク発のドッグブーツ。発売後1年で、アメリカだけでなくカナダ・オーストラリア・イタリアなど各国で販売されるようになったほどの人気。

靴下のように履かせるタイプです。普通の靴のようにソール部分が厚くないので、犬が肉球で地面の感触を確認できるので、歩き方がぎこちなくなることもありません。

完全防水で化学薬品なども通さないので、水だけでなく芝生に撒かれた除草剤も通すことなく肉球を守ることができます。

色は9色展開で、サイズは7サイズ展開です。

ポウズ ラバードッグブーツの口コミ

「まるで丈夫なゴム風船のようなブーツ。ちょっと固めなので履かせる前に手で広げて伸ばしています。履かせ終わったところあまり違和感がないのか、少ししたらいつも通りに歩けました。

散歩中に脱げてしまうこともなかったし、自分で加えて脱ごうとすることもなかったのでひと安心。結構丈夫なので何回かは繰り返し使えますね。」

「老犬のためか脚の踏ん張りがきかなくなり、フローリングで滑ってしまうようになりました。滑り止めになるようなものを探していたところこちらを見つけて購入。

履かせ終わった後、最初はいつにもましてぎこちなかったのですが、すぐに慣れたらしく普通に歩いていました。踏ん張りもきくようになったのか、滑ることなく部屋を歩けています。ずっと履かせていると蒸れてしまうので、空気穴をあけるようにしています。」

「散歩中にすれ違ったワンコが履いていたので、飼い主さんに教えてもらって購入しました。他のブーツだと嫌がってしまったうちのワンコも、このブーツにはすぐに慣れてくれました

散歩から帰ってくるとブーツの裏は真っ黒になっていたのでビックリ。今までこんなに汚れていたところを歩かせていたんだね、ごめんね。この汚れを見てからは、ポウズのブーツを我が家の必需品にしました。」

Petacc 犬用シューズ

柔らかい素材で犬の関節を痛めることなく履かせることができます。装着はマジックテープ式で簡単。テープ部分長くなっているのでそれを足にクルクル巻いてしっかりと固定できるので、歩いているうちに脱げてしまう心配もありません。

カラー展開は1色ですが、サイズは5サイズ展開となっています。

Petacc 犬用シューズの口コミ

「見た目がスタイリッシュで、さらに肉球のワンポイントも可愛くて気に入っています。肝心の犬の方がすぐには慣れてくれず、履かせた最初は生まれたての小鹿みたいなぎこちない歩き方になっていました。

毎日数分履かせるというのを繰り返していたらそのうち慣れてくれたので良かったです。今では毎日散歩の時に履かせています。ソールがしっかりしているので暑い日のアスファルトでも安心。」

マジックテープ式で履かせやすかったので良かったです。うちのワンコは思ったより早く慣れてくれて、初めて履かせた日から家の中を普段通りに歩いていました。

公園に遊びに連れて行って走り回らせたときも脱げることがなかったので良かったです。耐水性もしっかりしているようで、雨の日の散歩のあとも脚がしめっていませんでした。」

「足を怪我してしまったときに、薬を舐めてしまわないようにするために購入。その時はぎこちない歩き方になってしまってかわいそうだったけど、我慢。

無事怪我が治るころには靴に慣れてくれたので、今でも履かせて散歩に出かけています。また怪我をしてしまうのも防げるので、砂利道を歩くときの不安も和らぎました。」

HAVEGET ドッグブーツ

柔らかくて軽い素材を使用しているので馴染みやすく、またジックテープ式で着脱も簡単で接着面も大きいので安定しやすくなっています。ソールのゴムは摩耗しにくいのでコスパもいいです。

色はオレンジの1色で、サイズは7サイズ展開です。

HAVEGET ドッグブーツの口コミ

「マジックテープの大きさが今まで使ってきた靴よりも大きくて、固定もしやすければ足首の大きさに合わせての微調整もできたのでよかったです。

そのおかげか脚にフィットしたようで今までよりも元気に走り回っています。大きさの割には軽いので、それもあるのかな。」

「思ったよりもしっかりしたつくりです。ただ単に熱さや砂利などを防ぐだけではなく、犬のことをしっかりと考えた犬用スニーカーと言えるくらいしっかりしています。

ソールがしっかりしているので、凍った道を歩いた時でも滑ることなく歩けていました。」

「最初履かせたときはぎこちない歩き方になってしまい不便そうでしたが、数日したら慣れたようで、ちゃんと歩けるようになりました。

これで雨の日でも泥汚れを気にせずに散歩ができます。底も丈夫で厚いので夏にコンクリートの上を歩かせても大丈夫そうですね。」

さいごに

最近は、これまで何の問題もなく利用できていた公園でもペットの散歩が禁止となるところも増えており、愛犬家としても肩身の狭い時代になってきました。それもこれも、愛犬家の度重なるマナー違反が目立ったからに他なりません。

自分や愛犬のことばかりではなく、周囲にも気を配ることはとても大切です。みんなが気持ちよく愛犬をお散歩できるように、日頃の心掛けは怠らずにおきたいものですね。

人と犬とが共生しやすい社会を築いていくためにも、最低限のマナー意識を持って行動しましょう!

こちらも併せてチェック!

犬の飼育知識
スポンサーリンク
愛犬に食べさせたいドッグフードランキング!おすすめ4選+番外編2選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。

「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さから厳選、おすすめ順にランキングで紹介します。

犬と歩む道