*

しっぽの状態から分かる!?犬の感情を理解してあげよう!

      2018/01/05

しっぽの状態から分かる!?犬の感情を理解してあげよう!

某CMみたいに犬がしゃべってくれると、飼い主としては大助かりと思う事もあります。

犬が今どういう状態なのかを教えてくれると、世話もかかりませんよね。

赤ちゃんが夜泣きするのと同じように、延々と吠え始めたりすると近所迷惑にもなりかねません。何をどうしても落ち着いてくれないと、途方に暮れてしまいます。

表情を見れば、ある程度は人間がする表情と似ているものですから、想像することはできます。

怒っていれば目は釣り上がっていますし、機嫌が良い時は笑っているような顔になります。犬は動物の中でとても表情豊かで愛らしい動物なのです。

でも、実は一番感情が現れるのがしっぽなのです。犬のしっぽの動きに注意していれば、よりはっきり分かることがあります。

ここでは、しっぽの状態から分かる犬の感情について紹介していきます。


しっぽの状態による犬の感情

しっぽの状態による犬の感情

犬はしっぽの高さと振り具合の組み合わせだけで、あらゆる感情を表現しています。

例えば、以下のようなものがあります。

しっぽを立てている時

しっぽを上に立てて左右に激しく振っている時は、緊張している状態にあります。

危機に備えた準備態勢に入っており、攻撃を警戒すべき相手がいると感じているのです。

敵を威嚇しているともいえます。

しっぽを振りながら近寄ってくることがありますが、可愛いので友好的な感情でいるのかと思いきや、実は正反対なこともあるのです。

もちろん興奮して喜んでいる時もありますので、ただはしゃいでいるのと勘違いしやすい行動でもあります。

これは人間の一方的な見方でしかないのです。

しっぽを下げている時

犬がしっぽを下に垂らしている時は、とても不安で不快な状態にあります。それは下に下がるほど、感情が強くなります。

しっぽが後ろ足の間に垂れている時は、かなり強い不快感があるのです。

さらに腰が低くなっていると、人間と同じで抵抗する気がありません。

しっぽが後ろ足の間に巻き込むようにまでしていると、恐怖を感じています。これは、犬の肛門から出る自分の臭いを出さないようにしているものとされています。

それにより、相手に対して自分の臭いをかき消し、服従していることを示しているのです。

自分のしっぽを追いかけている時の感情

自分のしっぽを追いかけている時の感情

ストレス発散

犬が自分で自分のしっぽを追いかけている姿は、通常はあまり見かけません。

この仕草は、犬にとって何かの異常が起きているのです。

こうすることによってストレスを発散していることもあります。

散歩に行かせていない時に見かけることがある仕草でもあり、ほんとは散歩に行きたいのに行かせてくれないという「ストレスの表現」をしている場合です。

基本的に、飼い主が取り合ってくれないことに不満を表しています。

また、置いてけぼりで出かけられそうな時にこのような仕草をすることもあります。

あるいは、苦手なお風呂に入れられてシャンプーをされている時にも逃げ回るようにします。

散歩から帰って足を拭かれるのを嫌がることもあります。

このように、色んなタイミングで表現していますが、馴染みのない行動をさせられると起こりやすいのです。

これら全てはストレスの発散行動といえます。


体の異常信号

ストレスは体の症状に起因するものもあり、犬も体のあちこちが痒くなることもあります。

背中、尻、肛門付近はとくに痒くなりやすい部分です。

その部分が気になって追いかけるようにしてしまうのですが、痒いだけでなく炎症になっていることもありますので注意して下さい。

ノミや寄生虫がいることによるのかもしれませんので、体のチェックをしてあげるべきです。

犬のノミ・ダニ対策をしよう!夏だけじゃダメ!年間を通した対策を!

ただの気分転換

いつもと違う行動だからといっても、別に何の問題もないこともあります。

ただの暇つぶしだったり、この辺りは人間の幼児と同じようなところがあります。

自分のしっぽを遊び道具にしているのです。

子犬は、まだしっぽの存在が理解できていないこともあります。

飼い主はしっぽの状態を見てどう対処すれば良い?

しっぽの状態からどう対処する?

自分のしっぽを追いかけている犬の世話をどうするかは、その原因にもよることになります。

せっかく気分転換しているのであれば、止めさせなくても良いでしょう。ストレスの解消をしているのであれば、それも治まればそれで良いです。

でも、このストレス解消には問題もあります。

一時的な行動で治まればそれでいいのですが、そうでもない時もあるのです。

しっぽを追いかけているうちに、興奮してさらにストレスが高まってしまうことがあります。しっぽが長ければ噛みついたりして毛が乱れたりもしてしまいます。

すると、ますますしっぽが気になって追いかけまわすことになります。しっぽを上にしていても下にしていても、ストレスはある状態です。

体に異常があれば早めに見つけてあげるべきなので、飼い主はその原因を解消してあげることも必要かもしれません。

犬にもストレスはある!飼い主は原因を把握して解消してあげるべき

まとめ

犬とのコミュニケーションをしっぽで図るというのは、慣れてしまえば案外分かりやすい方法です。

しっぽの動きは、基本的にストレス状態を表現しています。

細かな違いをしっかりと観察していれば、犬のその時の感情の違いも分かるようになります。

しつけを行う際にも、なるべくストレスのないような環境を提供してあげましょう。

しかし、しっぽの状態だけでは判断できないことも多数ありますので注意しましょう。

急にどうしちゃったの!?犬が威嚇して吠えたり唸る理由とは?

今日はなんだか機嫌が悪いの?愛犬が怒っている理由とは?




  関連記事

犬のヒゲは大事な器官!?そこには重要な役割を果たす秘密が!

猫のヒゲは絶対に切ってはいけないと言われているほど大事な役割のある器官ですが、では果たして犬の場合はどうなのでしょうか?ここで、犬にとってのヒゲについて紹介します。

犬に服を着せる必要性とそのタイミングは?

可愛いのは分かるけど…犬に服を着せる意味ってあるの!?

犬に服を着せることがほぼ当たり前とも言える時代になってきましたが、そもそも犬に服を着せる意味とは何なのでしょうか?犬を飼っていない人から見れば、単なるオシャレだという認識

【犬の年齢早見表】人間に換算すると何歳になる?

犬は犬種によっても歳の取り方が違ってきます。ここでは犬種ごとに人間の年齢に換算した犬の年齢早見表を紹介しています。

犬用オムツを使うのはいつ?タイミングやメリットについて知りたい!

犬用オムツを使うのはいつ?タイミングやメリットについて知りたい!

犬を飼育する上でオムツが必要になる場合もあります。必要な時はいつ?使うタイミングは?…など、犬のオムツについて紹介します。

犬がマウンティングをする理由とやめさせる方法とは?

犬が、まるで交尾をおもわせるように腰を振っている行動をマウンティングといいます。例えば異性の友人の前でマウンティングをしてしまったり、変な空気になってしまうことってありま

  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。