犬の肌荒れと皮膚病!それぞれの原因と対処法を知っておこう!

犬の肌荒れと皮膚病!それぞれの原因と対処法を知っておこう!

人にも言えることですが、体調に何らかの変化が現れると、その症状が皮膚に現れてくることがあります。特に、内臓の病気などが原因で皮膚に異常が現れることはよく知られていますよね?

犬の肌荒れは結構気付きにくいもので、目に見える形で皮膚トラブルが分かる状態にまでなると、すでに症状も進行しているというケースも多々あります。犬は人と比べて皮膚も薄いため、病気などの内的要因や怪我などの外的要因によって皮膚に現れる異常も人間以上に顕著なのです。

皮膚の病気となる原因は様々で、場合によっては重症化してしまうこともありますから、早めの対応も必要になります。ここでは、犬の皮膚病に関する原因とその対策についてお話します。



犬の皮膚トラブルは気付きにくい

犬の皮膚トラブルは気付きにくい

肌荒れなどの皮膚トラブルがなぜ気付きにくいのかというと、やはり被毛が大きく関係しています。内臓の病気であれば、嘔吐や下痢といったように目で見て分かることもありますが、皮膚は被毛に覆われてしまっているという特徴もあるため、皮膚に起きているトラブルを見逃しやすいのです。

犬の皮膚は、人の皮膚よりも薄くなっています。なぜなら、全身を毛で覆われているために毛が保護の役割をしているからです。

皮膚が薄い分、毛が保護の役割をするので外的要因には強いです。しかし、皮膚だけを見ると、肌荒れなどの皮膚トラブルが起きやすいと考えた方がいいでしょう。

皮膚トラブルを見逃さないための注意点

皮膚トラブルを見逃さないためにも、飼い主が愛犬の行動に気を配る必要があります。特に、頻繁に痒がっていないかどうかをチェックしておくことは大切です。もし、常にチェックしているのが難しいという場合は、

  • 被毛の禿げている箇所はないか?
  • 極端に被毛が短くなっている箇所はないか?

と、いったことをチェックするだけでも肌荒れ等の発見に繋がります。とはいうものの、「愛犬の状態をチェックする暇がない!」というほどの環境で犬を飼育していること自体がそもそも間違いではありますよね。

そして、確実に愛犬の皮膚をチェックするのであれば、ブラッシング時と併せてチェックするのもおすすめです。ブラッシング時であれば、皮膚の状態だってしっかりとチェックすることができますので、小さな肌荒れでもすぐに見つけることができます。

愛犬の皮膚トラブルにはサインがあります。それを見逃さないことが大切です。一番の目安になるサインは、かゆがっていないかです。日に何度も同じ箇所を掻いている場合や、噛んでいる場合です。

フケの有無や湿疹、脱毛などがないかを見てあげましょう。掻きすぎて出血しているような場合や、皮膚病の種類によってはかさぶたができてしまうことがあります。

犬の肌荒れの原因

犬の肌荒れの原因

肌荒れというのは、実際にそういった名前の病気があるわけではありません。何らかの原因でお肌の異常が引き起こされるわけですが、肌荒れという状態はその初期段階ということになります。

もちろん、軽度な肌荒れであれば知らず知らずのうちに治癒してしまうこともありますが、放置することで思わず重症となってしまうこともあります。

肌が荒れるのは、何らかの原因が肌で起こっていると考えられます。例えば以下のようなものが原因として挙げられます。

  • 乾燥
  • ただれ
  • 虫刺されや寄生虫の感染
  • 細菌感染等による炎症
  • アトピーやアレルギー
  • ストレス

犬にとっては、かゆみやフケの発生など症状が現れて大変でしょう。原因によっては、人にうつりますので、日々のブラッシングや行動の変化を見ておくことが大切になります。

乾燥による痒み

冬の時期はただでさえ乾燥しがちな季節ですが、屋内の暖房によってさらに乾燥してしまいます。童謡の「雪」には、『犬は喜び庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる』という歌詞がありますが、実際は逆なのだそうです。

実は、犬は猫よりも寒さに弱いと言われているのです。寒い季節になると、こたつに潜って出てこないことや、ストーブの前から動かないというわんちゃんも多いのではないでしょうか?

しかし、それによって皮膚が乾燥してしまって、痒みを発症することが多く見られます。人間の乾燥肌とどこか似ていますよね…。

例えばこたつの中にずっと潜りっぱなしであったり、暖房の前に陣取っている場合も、乾燥肌によって痒がったりすることもありますし、軽度なやけどで皮膚トラブルを起こすこともあります。皮膚の乾燥を防ぐためには、冬場であれば加湿器などで室内の湿度を保つことなどがポイントとなります。

また、夏場などで犬の体温自体が上がっている場合でも痒みを発症することがあります。その際は、なるべく部屋の風通しを良くしたり、できればクーラーなどを利用して過ごしやすい環境を整えてあげる必要があります。

季節的な要因によるものが多いですが、それだけとも限りませんので注意してみてあげてください。

スポンサーリンク

ストレスによる皮膚トラブル

人間もストレスが過度にかかると、脱毛や湿疹といった症状が出ることがありますね。犬も似たような症状が出てしまうことがあるそうです。

犬が感じるストレスは、2種類あります。

  • 心理的ストレス:環境の変化や家庭内でのいざこざ(ケンカ等で不仲な状態)など
  • 身体的ストレス:散歩が多すぎたり少なすぎたりといった運動に関係するところ

犬は、こういったストレスにさらされると、体を必要以上に舐めてしまうことがあります。そのため、皮膚を傷つけてしまったり、炎症を引き起こしてしまったりするわけです。

皮膚炎の種類によってはかゆみを伴いますので、なめて噛んでを繰り返してひどくなるといった悪循環にはまってしまうことも考えられます。(重症化してしまうことも十分に考えられます。)

友人宅の愛犬(当時2歳:オス)もストレスと思われることが原因で皮膚病を引き起こしたことがあると話していました。結婚のため、引っ越しをしたことと同居する家族が増えたことなどがストレスとなったようで、いつも体を舐めていたようです。

友人は体をしつこく舐めていることと脱毛で気がつき、動物病院を受診して獣医から環境の変化などがなかったかと聞かれて、「ストレスでなったことに気がついた」と話してしまいました。

ストレスは犬にとっても万病の元になるということがわかりますね。個々に合った運動をさせたり、スキンシップを取ったり、環境の変化に慣れるよう関わる時間を長めにしてあげるなどの工夫が必要です。

犬の代表的な皮膚病

犬の代表的な皮膚病

膿皮症

膿皮症は犬の皮膚炎の中でもダントツで多い症状だと言われています。いわゆる感染症のひとつでもあるのですが、肌荒れや小さな傷が原因で引き起こされます。黄色ブドウ球菌などが皮膚で異常繁殖して発症する皮膚病で、激しい痒みによって皮膚が傷つき、化膿してしまうという悪循環を生み出してしまいます。

ちなみに膿皮症は、「表面性膿皮症」、「表在性膿皮症」、「深在性膿皮症」などに分けられます。

基本的には抗生剤の投与で改善させることができます。しかし、そもそもの肌荒れがなぜ引き起こされたのか分からないのであれば、その原因を絶たなければ繰り返し再発してしまう可能性も高いのが特徴です。

その他、アレルギーや免疫力の低下、ホルモンバランスの影響、食事など、様々な要因で肌荒れを起こします。

先に述べたように、肌荒れは大きな皮膚疾患の初期症状である可能性もありますので、肌荒れを発見したら注意深く観察していくことも必要ですし、早めに獣医の診断を仰ぐ必要もあります。

脂漏症

脂漏症は別名「マラセチア皮膚炎」と呼ばれる皮膚炎です。犬の皮膚に常在するマラセチア菌が活発化して起こります。

症状は、ベタつくようなフケ(脂性フケ)が出てかゆみが広がります。それ以外に、乾燥したフケ(乾性フケ)が出てしまう場合があります。独特なニオイがしますので、気がつきやすいと思います。

皮膚のターンオーバーに乱れが生じてしまっている状態で、新陳代謝のサイクルが非常に速いという特徴があります。通常、健康な犬であれば皮膚のターンオーバーはおよそ3週間と言われていますので、その頃を目安にフケなどが目立つようになりますが、ターンオーバーのサイクルが早い脂漏症の場合は、1週間程度でフケだらけになってしまいます。

そうした場合、通常の犬と同じ1ヵ月に1回といったようなシャンプーの頻度では間に合わなくなり、皮膚環境も悪化して肌荒れを起こすこともあるのです。脂漏症は膿皮症とも併発しやすく、アレルギーなどがあっても発症しやすい症状です。

加えて、食事やホルモンバランスの影響も受けやすため、これらの症状から脂漏症になってしまう可能性も高くなってしまいます。

著者宅の愛犬もこれにかかったことがあります。何か変だと思った時には、独特なニオイを発していましたし、白っぽいベタベタしたものが毛に付いていました。(最初はフケだとわかりませんでした)

スポンサーリンク

ダニ・ノミが原因の皮膚病

ダニが原因の皮膚病

ノミやダニといった寄生虫が原因で肌荒れを招き、大きな皮膚疾患へと発展してしまうこともあります。皮膚病の代表例といえばダニやノミが原因となるもの。たとえば、

  • 疥癬(かいせん)…ヒゼンダニ
  • ツメダニ皮膚炎…ツメダニ
  • 毛包虫症…ニキビダニ
  • マダニ症…マダニ
  • ノミ皮膚炎…ノミ
  • ハエウジ症…ウジ

などが知られています。ダニやノミに関しては、部屋の衛生管理をしっかりと行っておけば防げますが、散歩などで外出した際に取り付いてしまうこともありますし、他の犬から移されてしまうことも少なくありません。

白癬は、免疫力の高い犬であれば自然に治ってしまいますが、子犬や高齢犬など免疫力の低い犬の場合は菌が増殖してしまいますから、医師の治療が必須です。

症状がひどく、悪化させてしまうと厄介な皮膚病を見ていきましょう。

疥癬症

疥癬症は、ヒゼンダニが原因となって起こる皮膚炎です。激しいかゆみやフケの症状の他に、『赤黒っぽいかさぶた』ができます。後ろ足で何度も掻いていたり、皮膚を噛んだりしてしまうため、皮膚の炎症を悪化させるだけでなく、脱毛してしまうこともあります。

掻きむしっているような場合は、血がにじんでいるように見えるかもしれません。怖いのは、人にもうつるという点です。(多頭飼いの飼い主さんは要注意です!)飼い主さんに感染する前に早急に受診が必要です。

ツメダニ症

ツメダニが寄生することで症状が出てきます。背中や耳の後ろ、しっぽの付け根やお腹などに寄生します。

最初に大量のフケと激しいかゆみが出てきます。それ以外に『白いかさぶた』ができます。フケがかさぶたのように分厚く重なっている状態もあります。そのため、フケと見間違えてしまうかもしれません。分厚くなっている部分の下にツメダニが多くいるはずです。

うちの子もこれにかかったことがあります!もうかゆがって大変でしたし、フケがすごい出ます。それにかさぶたのように分厚くなっている部分もあり、すごく焦りました。受診した際に、「飼い主さんにうつっていないか」と獣医さんに言われ、「うつるの!」と本気で心配しました。(幸い、著者には感染しませんでしたが…)治療したら良くなりましたので、安心しました。

フケのかたまりやかさぶたが目で見てわかります。つい、「なんだこれ?」と爪などで取ってあげようとしてしまいがちですが、触らず受診しましょう。この病気も人間に移ります。フケが大量に見られたら、注意してください。

毛包虫症

毛包虫症は、ニキビダニが起こすものです。ニキビダニは犬の皮膚に常在しているダニで、普段は害を与えることはありません。しかし、犬が何らかの原因で免疫力が低下している時に、増殖してかゆみなどの症状を引き起こします。

病気にかかっているような場合に、上乗せするようにして発症するため、かゆがっているような場合は、獣医に相談しましょう。

スポンサーリンク

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミが寄生するのが原因で皮膚炎が起きている時は、アレルギー反応を示すため、腰から尾の付け根あたりにかけて、発疹などで皮膚が赤くなります。ダニと同様に、かゆみやフケを伴います。また、『ゴワゴワした感じのかさぶた』ができます。また、脱毛なども起こるでしょうし、皮膚がただれてしまうこともあります。

感染力が強いので他の犬や猫、人間にも害をおよぼすことがあります。

著者の愛犬もノミのせいで皮膚炎を起こしたことがあります。山へキャンプに連れて行った時のことです。キャンプ場を利用したのですが、やはり草など自然が多いところでしたので、そこで感染してしまったのでしょう。

キャンプから帰ってきて、あまりにもひどく掻いていたり噛んだりしているので、気になって見てみたところ、皮膚が赤くなっていました。そのうちに、皮膚を見てあげた著者自身もかゆみが出てきてしまって、動物病院と人間の皮膚科を共に受診しました。

部屋の衛生管理もとても大切ですが、外出した先のこともきちんと考え、何らかの対策を取る必要があるということを学びました。

ダニ・ノミ対策

飼育環境は常に清潔を心掛け、お散歩などで外出した際に寄生虫を連れて帰らないためにも、市販薬のフロントラインなどでダニ・ノミ対策を施しましょう。ドラッグストアやネットショップなどでも購入が可能です。

家に持ち帰らないようにすることも大切ですが、野山や草むらの散歩やドッグランなどでもらってきてしまうことも十分にあります。他の犬との接触などに注意しましょう。

ダニやノミには、体内に寄生虫がいる場合があります。このような場合は、寄生虫が人にうつるため、早急な受診が必要です。人に寄生してしまうと、体内で悪さをしますから皮膚炎どころの話ではありません。失明したり手術が必要になったりというケースもあるようです。

寄生虫は、犬に定期的な駆除薬を与えることが有効です。(著者は受診をしています)ペットショップなどで、市販の薬も売られていますが、飼い犬の年齢や体重、犬種などによって効かない場合もあるそうです。(かかりつけの獣医から話しを聞きました)ですから、獣医の診察を受けて処方してもらうことをおすすめします。

日頃からブラッシングなどをしていればすぐに異変に気がつくかと思いますので、早急な受診をおすすめします。

アレルギーが原因の皮膚病

アレルギーが原因の皮膚病

近年は、犬のアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎なども増えています。アレルギーの原因となるアレルゲンは人間と同じで、食物やハウスダストなどが中心となります。

アトピー性皮膚炎

「アトピー性皮膚炎」の場合は、呼吸時にアレルギー物質を吸い込むことで過敏に反応してしまうことで起こります。しかも、はっきりとした原因がわかっていません。遺伝的な要因が関係していると言われています。

症状はかゆみが強いです。特に夜間に強く感じるようです。しかも、犬のアトピー性皮膚炎は増えてきています。この事実は無視できません。

アレルギー性皮膚炎

「アレルギー性皮膚炎」の場合は、犬によって変わってきます。アレルゲンとなる物質を体内に入れたり接触したりすることで炎症が起こってしまうものです。突然症状が起こってしまうため、気をつけておかなければなりません。

定期受診や予防接種などをする時に獣医に検査をしてもらうことで、アレルゲンを発見することができる場合もあります。

著者は多頭飼いをしていますので、飼い始めるときの最初の受診の時に獣医にお願いして調べてもらっています。アレルゲンが見つかることもありますが、一般的でないものがアレルゲンである場合は見つけられないこともあります。

そんな時は日々の生活の中で異変が起きたときに側にあったものや、食べたものなどを調べるようにしています。今のところはアレルギー反応を起こしたことはありません。飼って最初の受診の時に、獣医に相談をしてみるといいかと思います。

スポンサーリンク

フードやおやつ

特に、フードやおやつなどに含まれる添加物や化学物質などによって引き起こされるアレルギーが目立ちます。化学物質などが原因となって引き起こされているアレルギーの場合、なかなかその原因を突き止めることが難しいケースもあります。そのため、どう対処していいのか分からずに途方に暮れてしまう飼い主さんも多いようです。

アレルギー対策でもっとも有効なのが、無添加や原料こだわったフードやおやつを与えるようにすることで改善したという報告が多くあります。

穀物アレルギーなどアレルゲンが特定されている場合は、アレルゲンとなる物質を含んでいないもの(グレインフリーなど)に切り替えることで容易に対処できます。

犬の皮膚トラブルに人間用の軟膏を使うのはNG

犬の皮膚トラブルに人間用の軟膏を使うのはNG

「ちょっと皮膚が赤くなっているだけなら人間用のかゆみ止めでもいいか」ということを思ってしまう飼い主さんはいらっしゃいませんか?その他に、

  • 動物病院は保険が利かない
  • 医療費がかかってしまう
  • なかなか受診の時間が取れない

などの理由を考えて、動物病院への受診が遠のいていることがあるかもしれません。犬と人間は同じ哺乳類ではありますが、身体構造などが違うために人間の薬では効かないことや、悪化したなんてことが起こってしまう可能性があることを知っておきましょう。

ノミやダニ、寄生虫など人間にうつるような原因で皮膚病を発症している場合は、飼い主さんも大変な思いをしてしまうことも考えられます。感染してしまわないためにも受診は必要です。

また、犬の皮膚はデリケートです。軟膏でかぶれてしまうこともあるため、人間用の軟膏はNGだと思ってください。早めに治すためには、動物病院への受診が必要不可欠と考えましょう。

一応、犬の皮膚炎や湿疹用の軟膏も市販されています。

動物病院受診の際の注意点

動物病院受診の際の注意点

ノミやダニなどの寄生虫が原因で起こっている肌荒れや皮膚病は、他の動物や人間にうつります。ですから、いきなり連れて行くのではなく、受診前に電話をして、症状を話しましょう。どのように連れて行くかなどの指示は動物病院側から指示があるはずです。それに従いましょう。

かゆがり方がひどい場合や、実際にノミやダニを見てしまうと、飼い主さんが慌ててしまいます。それで急いで病院に連れて行こうとしてしまいがちです。愛犬の状態を良くすることを第一と考えてしまいがちですが、感染の拡大を防ぐことが第一と考えましょう。

だから、疑わしい場合は「電話が先」と思ってください。症状の出方が早いようです。かゆがっている場合やフケが見られたら、なるべく早い対応をしてあげましょう。放置は危険です。

処方された皮膚病の薬を舐めてしまう場合の対処法

愛犬が皮膚病と診断されてしまうと、皮膚に塗る薬(軟膏)を処方されることもあります。しかし、舐めてしまうことがあるため注意しなければなりません。

軟膏を塗ったところに、ガーゼを貼ったり包帯を巻いたりすることで、舐めてしまうのを少しは防ぐことができます。でも、かゆみを感じている犬にとっては、邪魔と言わんばかりに取ってしまうことも少なくありません。(経験ありです…)

軟膏を処方された時は、できるだけ早く治してあげるためにエリザベスカラーなどを利用しましょう。(動物病院で貸してくれることもあります)

今は、エリザベスカラーだけでなく、マジックテープで装着できる術後服も販売されています。これらを活用し、愛犬には舐めさせないようにさせましょう。軟膏は薬ですので、体調を壊してしまうことも考えられるからです。

犬の皮膚病まとめ

犬の皮膚病まとめ

犬の皮膚病となる要因は、主にダニやノミなどの寄生虫や真菌などの菌によるもの、それにアレルギーなどに分けることができます。これらに共通することは、とにかく早めの受診が重要だという点です。

特に肌荒れなどの小さな症状では軽く見過ごしがちですが、放置することで大きな皮膚疾患を招く危険もあります。重症化してしまうと、治癒に時間がかかってしまいますし、症状の悪化は犬にとっても辛いものです。最初は痒いだけであっても、その痒みが激しさを増して痛みに変わってしまうこともあります。できることなら、そうなる前に気付いてあげることが大切です。

皮膚病になってからではなく、そうなる前から予防策を講じていくことが必要ですね。ダニなどであればフロントラインなどで予防しておくとか、乾燥が原因の痒みであれば希釈したベビーオイルやペット用の化粧水などで予防することもできます。

また、ストレスなどが要因で痒みを発症することもありますし、同じ個所を何度も舐め続けることで発症する「舐性皮膚炎」などもよく知られています。

舐め癖のある犬であれば衛生面に気を使ってあげることも大事ですし、そもそもなぜ舐め癖がついてしまったのかの原因(ストレスなど)を突き止めておく必要もあります。

アレルゲンがハウスダストであれば、こまめに掃除をしたり、ハウスダストの発生しやすい布団などを布団クリーナーで掃除したりすることで、被害を最小限に抑えることができます。

人間と同じように、犬にも適正なケアをしてあげることが大切です。まずは皮膚のケア、そして食事にも気を付けることをおすすめします。

犬の健康管理(病気・怪我)
スポンサーリンク
愛犬に食べさせたいドッグフードランキング!おすすめ4選+番外編2選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。

「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さから厳選、おすすめ順にランキングで紹介します。

犬と歩む道