老犬に最適な食事とは?ドッグフードはシニア用に切り替えるべき?

老犬に最適な食事とは?ドッグフードはシニア用に切り替えるべき?

犬の平均寿命が過去最長になったという報道もありましたが、やはり大切な愛犬と1日でも長く一緒に居たいというのが、飼い主の心理としては当然のことですよね。

犬の寿命が伸びたのは、動物医療の発達もありますが、愛犬はパートナーであり家族であるという認識も高まったことで、普段の健康管理に気を遣う飼い主さんが増えてきたことも影響しているでしょう。

そして、犬の体調管理に欠かせないものといえば食事、つまりドッグフードです。体調管理に欠かせないというよりも、もはや主食でもありますから、ドッグフードに気を遣ってあげるだけでも愛犬の健康管理に大きく役立ちます。

そして、犬の主食であるドッグフードは、パピーやシニアといったステージごとに適切なものへと切り替えていくのが理想です。特に老犬になると、消化吸収が衰えることもありますし、代謝や食欲そのものも衰えてきます。

また、歯が脆くなり噛むことができなくなる犬もいますので、パピーや成犬以上にドッグフードに気を配ってあげる必要があります。ここでは、老犬の食事・ドッグフードをテーマに紹介していきたいと思います。

犬は何歳からが高齢犬なの?

犬は何歳からが高齢犬なの?

犬は何歳になれば高齢犬の域に達するのか?はっきりと認識していないという方も多いかもしれませんね。ドッグフードなどを見ると、概ね7歳以上と記載されているものが多いようですが、何歳を高齢犬の基準にするのかは犬種によっても異なります。

大型犬であれば、7歳ほどが高齢犬の域に達する年齢と言われていますので超大型犬であればもう少し早く高齢犬の域に達してしまいます。逆に、小型犬であれば10歳前後が高齢犬突入の目安となります。

高齢犬になったらなぜフードを変える必要がある?

高齢犬になったらなぜフードを変える必要がある?

高齢犬になるに従ってどんどん代謝も低下していきますし、そもそも運動量も落ちていきますので、成犬の頃のようなカロリーも必要としなくなります。

それなのに同じフードを与え続けてしまえば、どんどん肥満になってしまいますし、肥満になれば体にかかる負担も増してしまい、それが寿命を縮めてしまう原因になってしまうのです。

シニア用の低カロリーで低脂肪なフードへと切り替えることで、適切な健康管理も可能となります。低カロリー&低脂肪を意識しつつ高タンパクな食事を与えるのが理想。高齢犬といえども、足腰を弱らせないために筋肉の維持は欠かせません。

実は、高齢犬は成犬よりも多くのタンパク質を摂取しなければいけないというのはあまり知られていません。鶏肉や魚など、動物性タンパク質の中でも質の良いものを与えるのが理想です。

ドッグフードも様々種類がありますが、原料のひとつひとつにこだわったタイプを与えるのはとても重要なポイントとなるのです。

ドライフードを食べられない老犬は?

ドライフードを食べられない老犬は?

日常的に歯のケアをしていても、体質的にどうしても歯がボロボロになってしまう犬もいますし、消化の力もどんどん弱っていってしまいます。そうした場合は、ドライフードではなくお湯でふやかせて食べさせたり、ウェットタイプのフードへ切り替えるなどの対応も必要です。

また、思い切って手作りフードにしてしまい、飼い主自らが栄養管理に気を配るようにするのもいいでしょう。老犬がドッグフードを食べないということもあるかもしれません。食欲不振になっているのか、もしくは病気などが関係しているのか…何が原因なのかをしっかりと把握して対策を講じましょう。

シニア犬用のミルクもおすすめです。

食事だけで見た目も変わります

食事だけで見た目も変わります

同じ年齢の犬であっても、一方は年齢を感じさせないほど元気なのに、もう一方はヨボヨボでまともに動けないということもあります。もちろん、運動であったりなど、普段の飼育環境や犬の個体差ということも関係してはきますが、やはり普段どのようなドッグフードを与えているのかによっても、健康寿命に差が生じます

仮に、大きさも体質もまったく同じ犬がいたと仮定しましょう。1頭には栄養バランスや原料にこだわったドッグフードを与え、もう1頭には市販されている安くて粗悪なドッグフードを与えていた場合、どちらの健康寿命が長いでしょうか?

これはもう説明する余地もありませんが、当然ながら栄養バランスや原料にこだわったドッグフードを与えていた方が、犬にとっては最適だということになります。上記でも紹介しましたが、老犬におすすめのドッグフードは犬心です。

老犬になればなるほど飼い主の気遣いが重要

老犬になればなるほど飼い主の気遣いが重要

老犬になれば、視力も落ちますし聴力も落ちていきます。これまでと同じように生活していても、今まで避けて歩いていた物にぶつかってしまったり、何でもないような所で躓いてしまったりすることもあります。

また、近くに人が居ることに気付かないことも多いため、いきなり触られて驚いてしまうこともあります。老犬になれば、これまで何でもなかったことができなくなるというストレスや、いきなり触られたりすることの恐怖も抱えつつ生活をすることになります。

ドッグフードに気を遣いつつ、そうした飼育環境にも気を配ってあげることも大切です。徐々に運動量も落ちてしまえば歩くこともままならなくなりますので、これまでと同じような距離を散歩するだけで相当な負担になってしまいます。

加えて、いくらフードに気を付けていても、筋肉量の低下を抑えるのは難しいですし、毛量もどんどん減っていきますから、寝る際の敷物やベッドなども、厚めのものを用意してあげるのが理想です。これまで長年生活を共にしてきた愛犬ですから、もうしつけということはあまり考えなくていいでしょう。

老犬の域に達したら少しは甘えさせてあげることも許容してあげましょう。いかに、ストレスを軽減させてあげられるかは、飼い主の裁量にかかっているのです。犬の介護に関しては以下の記事で詳しくご紹介しています。

老犬の飼育放棄も多いのが現状!飼うなら老犬になった場合のことも視野に入れて!

老犬の飼育放棄も多いのが現状!飼うなら老犬になった場合のことも視野に入れて!

非常に悲しい話ではありますが、老犬の面倒を見るのが面倒になり、飼育放棄してしまう飼い主もいます。ここまでずっと信じてきた飼い主に裏切られる犬の気持ちを考えると、これほど痛ましいことはありません。

飼育放棄する理由もあるのでしょうが、どのような理由であれ放棄は放棄です。そこに言い訳の余地はありませんよね?

これから犬の飼育を考えている方は、どうか愛犬が老犬になった際のことも視野に入れて飼育を検討していただきたいと思います。

まとめ

子犬の頃からずっと一緒に生活をしてきた愛犬が老犬になった場合、食事管理というのは最大級のキーワードとなります。また、健康診断なども継続すべきですし、万が一の異変にも即対応できるように、獣医とも連携を取っておくのが望ましいでしょう。

もし、散歩に出るのも苦労してしまうほど老いてしまっているのであれば、たまに外の空気を吸わせてあげるだけでも良い刺激となり、犬のとってのリフレッシュ効果もあります。

ドッグフード・おやつ
スポンサーリンク
ドッグフードランキング!評判の良さからおすすめ5選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。

「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さからおすすめを5つに厳選、ランキングで紹介します。

犬と歩む道