*

犬選びで迷ったら!飼いやすさを優先するならこの犬がおすすめ6選

      2018/01/05

犬選びで迷ったら!飼いやすさを優先するならこの犬がおすすめ6選

犬を飼う際に重視するポイントは人それぞれですよね。

特に、初めて犬を飼育しようという場合は、なるべく体臭の少ない犬種がいいとか、病気しにくいなどといったことを基準に犬選びをするでしょうし、飼育スペースを考えて小型犬を飼いたいという基準もあるかもしれません。

特に近年ではアレルギーなどの問題も深刻化したりもしていますから、抜け毛が多いか少ないかを基準にするケースも増えています。

ここではそうしたトータルな条件を満たし得るおすすめの犬種についてご紹介していきます。

では実際に、体臭・抜け毛・飼いやすさ・健康度などからおすすめの犬種をご紹介します。


トイ・プードル

トイ・プードル

様々な条件をトータルで満たせる犬種の筆頭と言えば、やはりトイ・プードルです。

小型犬ですので、飼育スペースが狭い家にもおすすめですし、何より抜け毛や体臭も少なく、アレルギーを持った人でも飼育しやすいのがポイントとなります。

賢い性格なので、しつけ自体もそれほど難しくないのも魅力でしょう。

よほどのワガママ犬にならなければ無闇に吠えまくることもないので、トータルでおすすめできる犬種です。

『トイ・プードル』は飼育人気トップクラスの犬種!その性格やしつけ方は?

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

小型犬で飼育もしやすい犬種です。

日本の住宅事情にも十分にマッチしているので、飼育スペースの確保に頭を悩ませることもありません。

飼育数も増えており、しつけのハードルもそれほど高くありません。

初めて犬を飼う人にもおすすめできる犬種としても知られていますし、しっかりと手入れをしてあげればとても美しい被毛で人の目を楽しませてくれます。

ただし、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、僧帽弁閉鎖不全症という心臓病を発症する確率が他の犬種よりも高めです。

これは遺伝的なものなので、飼育の際には発症することもあるという覚悟も必要です。

飼育はしやすい犬種ですが、病気しにくい犬種がいいという人には不向きです。


パピヨン

パピヨン

パピヨンは体臭が少ない犬種としても人気があります。

もちろん小型犬ですから、飼育スペースもそれほど必要としません。

被毛が長いため、イメージとしては抜け毛が多そうな印象もありますが、思ったほど抜け毛も多くないのが特長です。

ただし、あまりかまってあげられない場合は、ヘタをするとワガママな犬になってしまう傾向にありますので、手をかけられない人にはおすすめできません。

ゴールデン・レトリバー/ラブラドール・レトリバー/フラット・コーテッド・レトリバー

ゴールデン・レトリバー

大型犬のため、飼育スペースという点では小型犬に劣ってしまいますが、賢く従順で飼育しやすいという意味ではダントツです。

もちろん相応の抜け毛もありますので、アレルギー持ちの人にもおすすめはできません。

単純に、「飼育しやすいか否か」という視点だけで犬種を選びたいのであれば、ゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーなども候補に入れるべきでしょう。

フラット・コーテッド・レトリバーは、ゴールデンやラブラドールほど飼育数が高くないので、「ちょっと珍しい犬種を飼いたい」という人にもおすすめです。

賢さ&従順さなら全犬種中トップクラス!ラブラドール・レトリバーの性格としつけ方

柴犬

柴犬

おすすめの犬種として挙げるなら、やはり日本犬も外せません。

柴犬に代表されるように、日本犬は飼い主にとても従順ですから、しっかりとパートナーシップさえ構築することができればとても飼いやすい犬種です。

これは、柴だけに限らず、紀州犬や甲斐犬なども同様です。

ただし、飼い主以外の人間に対してはかなりの警戒心を抱きますので、人に慣れさせるということを重視したいのであれば、室内飼育などを考えた方がいいでしょう。

日本犬は短毛犬種ですが、しっかり手入れをしてあげるととても美しい被毛を保ってくれます。

抜け毛に関しては、やはり決して少ないとは言えませんので、アレルギーの心配があるのであれば、飼育はおすすめできません。

もふもふしてて可愛い!忠実な日本犬『柴犬』の性格としつけ方

柴犬の小型版犬種というのは嘘!?『豆柴』を飼ったら大きくなっちゃった!

ミニチュア・ダックスフント

ミニチュア・ダックスフント

飼いやすい犬種として、日本でも人気の高いミニチュア・ダックスフントですが、小型犬という意味では日本の住宅事情にも十分フィットしています。

胴長短足のため、腰への負担がやや心配ではありますが、そうした面さえ注意してあげれば大きく健康が崩れてしまうことは無いでしょう。

賢くてしつけもしやすいという特長がありますので、飼育のしやすさもトップクラスです。

ミニチュアやカニンヘンが人気!胴長短足が可愛いダックスフンドの種類と性格

犬に100%を求めるのは難しい!妥協点が見つからなければ飼育を諦める勇気も必要です

犬に100%を求めるのは難しい! 妥協点が見つからなければ飼育を諦める勇気も必要です

以上、飼育のしやすいおすすめ犬種をご紹介しましたが、やはり全ての条件を完璧にクリアする犬種を探すのはかなりハードルが高いです。

概ね健康的だとされる犬種であっても、遺伝など個体差によっては病気がちになってしまう犬もいます。

また、体臭が少ないといっても手入れをしなければ異臭の元ともなり得ますし、逆に手入れをすることで体臭を防止したり抜け毛を少なくすることもできます。

結果としては、愛犬にどれだけ手をかけてあげられるかが最大のポイントとなるでしょう。

また、あまりにも細かい条件を設定しまっているのであれば、飼育自体を諦めた方がいいかもしれませんね。

犬に100%を求めることはまず不可能ですので、どこかで妥協点を見つけなければならなくなります。

そうなると、飼育自体に魅力がなくなってしまうことにもなりかねませんので、愛犬を手放すなど最悪の方向へと向かう恐れもあります。

飼い主側で条件を設定するのではなく、まずは気に入った犬種を見つけてみて、その犬を迎え入れた際にどれだけストレスなく過ごさせてあげられるかということを重視した方がいいでしょう。

まずはこれを揃えよう!飼育に必要な犬グッズ

ペットショップで犬を購入するなら売れ残りの犬にも目を向けて!


まとめ

ここで挙げた犬種は、「最低限おすすめできる犬種」のみをご紹介しました。

この他にも、アメリカン・コッカー・スパニエルなどもおすすめですし、ポメラニアンやチワワなどもしつけがしやすくおすすめの犬種です。

ただし、ポメラニアンやチワワは愛らしい反面、しつけを間違えると超ワガママ犬に成り下がってしまう恐れもあるため、ここでは除外してあります。

ポメラニアンは特に、CMの影響もあって人気がうなぎ上りですが、安易に飼育することだけはおすすめできません。

ここに挙げている犬種にしても、やはりそのバロメーターは飼い主次第でいかようにも変化してしまいます。

加えて、購入先でどのような犬を扱っているのかも重要です。

出所のハッキリしないペットショップでは軟弱な犬も少なくありませんし、健康面を重視したいなら血統管理が行き届いたブリーダーからの購入の方が確実です。

そうした点も購入時にしっかりと熟考し、条件に合った犬を迎え入れる準備をしていきましょう。

一人暮らしにもおすすめ!飼いやすい室内犬人気ランキング

あなたの飼育で大切な命を救おう!犬をペットショップで買うよりも譲渡会や保健所から引き取るという選択肢を!




  関連記事

室内飼育におすすめ!毛が抜けない犬種7選

犬の飼育人気が高まりを見せる中、最近では毛が抜けにくい犬を飼育したいという方も増えているようです。 特に一人暮らしなどの場合、なかなか掃除をする時間が取れないという方もい

忠犬ハチ公のモデル『秋田犬』の性格としつけ方のポイント

忠犬ハチ公のモデル『秋田犬』の性格としつけ方のポイント

日本に古くからいる大型犬といえば、「秋田犬(あきたいぬ)」。渋谷駅にいる忠犬ハチ公も秋田犬がモデルと言われています。 秋田犬保存会という公益社団法人があり、展覧会の主催や

賢さ&従順さなら全犬種中トップクラス!ラブラドール・レトリバーの性格としつけ方

世界で最も飼育されている犬として有名なのがラブラドール・レトリバーです。日本では小型犬人気の方が高めですが、海外では大型犬の方が人気も高い傾向にあります。 そんな中でも、

優しくてとっても従順!大型犬で人気のある種類とは?!

最近は小型犬に人気が集中していますが、しつけをすれば大型犬ほど優しくて従順な犬はいません。人気のある大型犬の種類や珍しい大型犬も紹介します。

雑種犬とMIX犬の違いは何?雑種飼育のメリットとデメリット

雑種犬とMIX犬の違いは何?雑種飼育のメリットとデメリット

最近、MIX(ミックス)犬の人気が高まりを見せています。MIX犬と聞くと、どうしても「雑種」を連想してしまうという人も多いはずです。 雑種といえば、ひと昔前までは日本のあ

  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。