放っておくのは可哀想?犬は意外と一人遊びが大好きなの!?

放っておくのは可哀想?犬は意外と一人遊びが大好きなの!?

これから犬の飼育を検討されている人にとって、楽しい愛犬との生活を思い浮かべては思わず口元が緩んでしまうということもあるかもしれませんね。

確かに犬との生活は楽しいもの。パートナーとして様々な思い出を作っていくことができますし、一緒に楽しいことをしながら思い出を共有することだってできますよね。

そこで飼い主として考えるのが、「いかにして愛犬を楽しく過ごさせてあげられるか?」といことです。

愛犬が楽しく過ごせることとなれば、一緒に遊んだりすることも連想してしまいますが、実は人間側の「遊ぶ」という認識と、犬側の「遊ぶ」という認識が異なっていることもあるのです。

今回は、犬にとっての「遊ぶ」ということの定義、そして一人遊びの意味などについて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

犬にとっての「遊ぶ」は一人遊びが基本!?

犬にとっての「遊ぶ」は一人遊びが基本!?

実は、犬にとって「遊ぶ」というのは、まず一人遊びが基本となります。もちろん、母犬や兄弟たちと一緒に過ごしていればじゃれあうなどしながら社会性を養っていきますが、それはあくまでも社会性を養うための勉強といったような位置づけとなります。

人間側から見れば一人遊びしている犬を見ていると、なんだか可哀想にすら思えてしまうかもしれませんが、それも一種の「犬の習性」でもあるわけです。

犬の一人遊びってどんなことをするの?

犬の一人遊びってどんなことをするの?

では実際、犬の一人遊びとはどのようなものなのでしょうか?実は、人間が見てもとても遊んでいるように見えない状態でも、犬にとっては「楽しくて仕方ない」ということもあります。

最も分かりやすいのが、お散歩やドッグランなどで芝生や草の上を転がる遊びです。また、ドッグランなどで鳥などを追いかけながら走り回るのも、分かりやすい一人遊びですね。

逆に、「これが一人遊びなの?」と思ってしまうようなものもあります。例えば、突然地面を掘り出したり、草や芝を食いちぎってみたり、目の前を飛び回る虫をジッと眺めていたり――こういったものも一人遊びなのです。

スポンサーリンク

人間と一緒に遊んでいる時はむしろ「興奮しているだけ」の状態です

人間と一緒に遊んでいる時はむしろ「興奮しているだけ」の状態です

では、犬が一人遊びをしている時と、人間と遊んでいる時との違いは何なのでしょうか?人間と遊んでいる時の犬も非常に喜んでいるように見えますが、これは「遊んでいる」という感覚とは異なるのでしょうか?

人間と一緒に遊んでいる時は、「遊んでいる」というよりも、むしろ飼い主と一緒の時間を共有できていることに喜びを感じている状態です。

また、例えばボールなどで遊んだりなど道具を使って遊ぶ場合は、狩猟本能などが呼び覚まされて興奮しているような状態です。この場合、興奮状態が長く続いたりしていると、徐々に飼い主でもコントロールが利かなくなってしまう可能性もあります。

そうなると、他の犬を追い掛け回したり、最悪の場合噛んで怪我をさせてしまう可能性すらあります。つまり、楽しそうに見えているのは興奮のためであって、決して遊んでいることを楽しんでいるわけではないということも知っておきましょう。

興奮してはしゃいでいる姿はとても精悍で良い顔つきをしていますし、楽しそうな表情に見えますが、スイッチが入ると本気モードに突入してしまう危険があるので十分な注意も必要なのです。

興奮させずに楽しく遊ぶ方法は?

興奮させずに楽しく遊ぶ方法は?

犬の中には、興奮しすぎると痙攣を引き起こしてしまうこともありますので、できることならあまり興奮状態にさせないことも大事です。とは言うものの、やはり飼い主としては犬と遊びたいという本音もあるでしょう。

犬を興奮させることなく一緒に遊ぶ方法は、“犬に任せる”と言ったほうが適切かもしれません。つまり、人間が遊びの主導権を握るのではなく、犬が一人で遊ぶに任せておくのがイチバンです。

となると、飼い主としてはやや物足りなさも感じてしまうかもしれませんが、変に興奮状態にしてしまうよりは遥かに安全です。それでも、誰もいないドッグランなどであれば、たまには存分に走らせてあげるのもいいでしょう。

室内犬の場合も、やはり室内で一人遊びをすることがありますが、室内では環境の変化があまりないため、犬にとっての刺激も少なくなってしまいます。

できることなら、たまには庭に出してあげて一人遊びを堪能させてあげることも必要になってきます。犬にとっては、外で色々な匂いを嗅いだりすることも一人遊びの範疇となりますので、自然に触れさせてあげるという意味でも大いに意義深いのです。

それでも飼い主だって楽しみたい!その気持ち良く分かります

それでも飼い主だって楽しみたい!その気持ち良く分かります

では、飼い主が犬と一緒に遊べる方法はないものなのでしょうか?実は、飼い主が犬と一緒に「遊び」を楽しむ方法はありますが、それはこれまでのように人間目線での遊びではなく、犬目線で遊ぶことが大切なのです。

犬と接する時は犬目線で接することが大事なのと同じように、遊ぶ時も犬目線で遊ぶわけです。その際、遊びのペースは犬に任せます。犬が興味を持ったものに対して、一緒に飼い主も興味を持ってあげること大切です。

犬が芝生で寝転がって遊んでいるなら、飼い主も一緒に寝転がってあげる、草や花に興味を持っているようなら一緒になってそれを眺めたりしながらその感覚を共有し合うこと――これが本来の“犬と一緒に遊ぶ”という行動になります。

もちろん、これまでのようにボールを使ったりなど、道具を使うのもいいのですが、長時間やり続けるのは好ましくないと言えるかもしれません。

道具を使った遊びは適度な時間に抑え、後は一人遊びを満喫させてあげること、そしてそれを飼い主も一緒に共有してあげるのが理想的だと言えます。

スポンサーリンク

まとめ

犬の一人遊びに付き合うというのは結構地味ではあります。しかし、そうすることで飼い主自らも必然的に自然と触れ合うきっかけにもなります。日常では忘れがちな自然と生で触れ合う行動。

犬を飼って一人遊びに付き合ってあげることで、そうした人間も本来すべきはずの自然との触れ合いを、犬が与えてくれることになります。

我々が知っている犬の行動は、すべて人間側の都合で見た視点にしか過ぎません。犬と同じ目線になってあげることで、飼い主として知っておくべき愛犬の新たな一面を発見できるきっかけになるかもしれません。

併せてこちらもチェック!

犬の飼育知識
スポンサーリンク
ドッグフードランキング!評判の良さからおすすめ5選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。

「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さからおすすめを5つに厳選、ランキングで紹介します。

犬と歩む道