心の準備出来てる?いずれは訪れる愛犬愛猫の死。ペットロスを乗り越える方法は?

心の準備出来てる?いずれは訪れる愛犬愛猫の死。ペットロスを乗り越える方法は?

ペットブームの昨今、犬や猫はもちろん、ハムスターやハリネズミ、フェレット、または爬虫類や魚類をペットとして飼っている人も多いですよね。

ペットは飼い主の心を癒してくれる一方で、動物がゆえに「いずれ訪れる死」を避けては通れません。私たち人間も同じですが、命あるものは必ず死が訪れます。

それまで同じ人生を歩み、いつも寄り添ってくれた可愛いペットが死んでしまうのはとても辛いことですよね。

スポンサーリンク

なかには、ペットを飼ってもいずれ死んでしまうという不安や、過去のペットロスのトラウマから「動物はもう二度と飼いたくない…」という人もいるほどです。

ペットロスは、正式にペットロス症候群という病名があり、ペットがその人にとってどのような存在だったかによっても、その重度は違ってきます。

ここで、いずれは訪れる愛犬や愛猫などのペットの死を乗り越える方法を考えてみましょう。

最近ペットが亡くなってしまって現にペットロスの人はもちろん、まだ先だけどペットロスの不安に対する心の準備や覚悟をしておきたいという人も参考にしてみて下さい。

ペットロスの症状

ペットロスの症状

ペットロスの症状はうつ的な症状が多くなります。不眠がつづき、摂食障害、精神不安定、無気力、目まい、頭痛、吐き気、下痢などが起こりやすくなるとのこと。また急にペットのことを思い涙が止まらないなどということも。

愛犬や愛猫などのペットが死んだという現実が受け止められないことが、このようなペットロスの症状につながるとも言われています。

またペットロスによる虚無感が引き金となって自暴自棄になり、アルコール中毒やギャンブル依存などで人生をめちゃくちゃにしてしまうことも。

このような場合は、ペットロスの前にペットに執着する理由、つまり人生の上での悩みから逃げる方法としてペットに愛情を傾けていたことも考えられます。

ペットの死を受け入れること

ペットの死を受け入れること

ペットの死は頭の半分では理解しているものの、半分は受け入れられない自分がいるものです。しかし、その死をしっかり受け入れることができないと、次の一歩も踏み出せないことになります。

ペットが暮らしていたケージやサークル、いつも楽しそうに遊んでいたぬいぐるみやおもちゃなどを、いつまでもそのままにしておくのはおすすめできません。

あなたが可愛がっていたペットは、もうそこにはいません。大好きだったあの子の死を、受け入れましょう。

片付けられない気持ちも分かりますが、新たな人生を踏み出すためにも、自分の中のかけがえのない思い出として心の中にしまっておくことが大切です。

そこで、ペットが亡くなったときに霊園などの焼き場で、簡易葬式をしてもらうことも良いとのこと。また、お寺などにお願いしてお経を読んでいただき、一人だけのお葬式をすることもおすすめです。

スポンサーリンク

このようにペットが死んだことをしっかり受け止めることで次のステップに進めます。

お葬式的なことをした後はお部屋の一画に写真を置いて、四十九日まではお水やお線香を上げるのもいいのではないでしょうか。また、ペットが好きだったものをお供えするのもおすすめです。

もちろんこれは仏式の方法ですが、キリスト教的に毎日お水とお花を上げてロザリオを置くのもいいでしょう。ペットの自宅供養をすることで、飼い主の心も救われていきます。

そして、ある程度気持ちが落着いたら写真だけにしていけるのではないでしょうか。

泣きたいときは、思い切り泣きましょう

泣きたいときは、思い切り泣きましょう

やはり家族のような愛犬などが亡くなったら、当然悲しい思いが繰り返しやってくることもあります。ペットとその人の関係や、その人の性格によっても泣きたい気持ちが何度も押し寄せます。

そんなときにはできるだけ思い切り泣くことが、心理学的な観点からも悲しみを溜め込まないコツだと言われています。

泣きたいときに泣くとスッキリすることってありますよね。逆に我慢してしまうと、心の中に悲しみが溜まってしまい、ある限界を超えたときに鬱などの症状が出てしまうこともあります。その前に思いっきり泣くことで、限界を越えてしまうことを防ぐこともできるのです。

ペットに約束をする

ペットに約束をする

ペットのいなくなった悲しみを、友達と遊ぶなどして紛らわそうとするものですが、ペットロスになってしまうといくら他のことをしても気を紛らわすことができないものです。

そこで楽しいことで紛らわすのではなく、亡くなったペットと約束をするという方法があります。

例えば、仕事を頑張るだとか何か資格を取るなどの目標を決めて、ペットの写真の前で「頑張るから見守ってね」「一生懸命生きていくから見ていてね」というような約束をするのです。

そのようにするとペットとの約束を守ることが生きがいとなり、自然とペットの死も受け入れながら何かに向かって頑張ることができます。

悲しいという気持ちもエネルギーだからこそ、強すぎると心まで壊す威力があるのです。だからそのエネルギーを他のところに向けていきます。

ペットに約束をすることで、そこにはペットとの心のつながりがずっと続くわけです。

スポンサーリンク

同じペット仲間を作る

同じペット仲間を作る

愛犬家に限らず、同じペットを持つ友達を持つこともおすすめです。お互いにペットに対する「他人には分からないほどの愛情を理解することができるペット仲間」は、ペットが亡くなったときにも本当に心から理解してもらえる相手のはず。

そんな人がいるだけでも、ペットロスを乗り越えることができるのではないでしょうか。またペット仲間とは、いずれ訪れるペットとの別れについての話題を出すことで、ペットロスに備えて心の準備や覚悟をしておけることにもなります。

何かあったときにはどこの霊園に入れるとか、どこで葬式をするなどの話も大切な心の区切りになるのです。

まとめ

人は、家族や友人同様にペットの死によっても心にとても深い傷を負います。しかし、そんな状態であっても日々の仕事や生活を坦々とこなさなければなりません。

家族や親族が亡くなったときには会社から慶弔休暇を取ることができ、周囲の人も気持ちを労ってくれるはず。

しかしその一方で「ペットの死」は休暇の理由として許可しない会社もまだ多いようです。これはペットを交通事故で死亡させてしまっても、器物損壊にしかならないという扱いと同じです。

日本社会では、ペットに対しての考え方に個人差があるのが現状となっています。そのため、相手にもよりますが、ペットの死による心のダメージを理解してもらうことは難しいと考えましょう。

しかし、ペットとはいえ、家族以上に心のよりどころにあった人も多いはず。

ペットロスによって自分の心を壊さないように、自分は自分で守ることも大切です。しっかりと休暇・休養を取るようにして、早く心に整理を付けるようにしましょう。

そうして次の第一歩を踏み出せればいいと思います。

犬の飼育知識
スポンサーリンク
ドッグフードランキング!評判の良さからおすすめ5選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。

「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さからおすすめを5つに厳選、ランキングで紹介します。

犬と歩む道