*

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードの口コミ評判は?

      2017/07/29

FINEPET'S(ファインペッツ)ドッグフードの口コミ評判は?

飼い主さんからしたら、もう犬はペットではなく「家族」ですよね。私はパートナーだと思っています。

できるだけ長く生きて一緒に人生を歩んで欲しいですし、いつまでも健康的な生活を送って欲しいと思います。

犬の健康を考える上で、日々どんな食事を与えていくかが最重要課題となります。

今回は、原材料の安全性の高さで評判の良いFINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードの紹介をしていきたいと思います。

公式サイト:FINEPET’Sドッグフード

ただその前に、犬のための食事について今一度おさらいしてみましょう!

愛犬にいつも与えているエサは大丈夫?

愛犬にいつも与えているエサは大丈夫?

犬用のエサは無数の会社が色んな種類のものを出していますが、実はそれが全て安全であるかどうかというのはわかりません。

さも健康そうに見えて、実は粗悪なドッグフードが思っている以上に世に溢れているのです。だからドッグフード選びにおいては口コミの評判を気にしている飼い主さんも多いかと思います。

愛犬が喜んで食べているから=良いフードというわけではないんですよね。…というか、犬って結構なんでも喜んで食べちゃいますしね…。

良かれと思って与えているエサが原因で愛犬が苦しみ、もしその命を短くしているとしたら…悔むに悔やみきれません。

ドッグフードを変えた途端、毛ツヤが悪くなった、皮膚病になってかさぶたができるようになった、下痢をたびたびするようになった…という口コミもよく見掛けます。

逆にドッグフードを変えた途端、病気の症状がなくなって元気になった!という評判の良いものもあります。そんなこともあるくらい、ドッグフードって何が入っているかわからないものなんです。

国内のペットフードは会社側の自主規制で原材料表示をしているところがほとんどですが、都合の悪い成分は表示していない可能性もあるんです。

なんせ、原材料表示の義務がありませんので。そう思うと怖いですよね。不正ばかり報道されているこんな世の中だし、そのメーカーは信頼に値するのかどうかを見極める力が必要となってきます。

犬は肉食って知っていましたか?

まずは犬の生態について深く理解をして欲しいと思います。そもそも犬は「肉食動物」であり、正確に言えば「雑食動物」です。

つまりは、犬の短い消化器官と体内の酵素は、たんぱく質・ミネラル・ビタミンなどを含んだ「肉」を消化吸収するのに最も適して作られているのです。

実は、普段私達が当たり前に食べている穀物類や健康の象徴とされている野菜は、犬にとっては消化吸収の苦手な食べ物なのです。

犬に野菜って必要?与えても良い野菜と与えてはいけない野菜

うちのワンちゃんもブロッコリーやイチゴ好きでしたけどね…。口コミでも野菜を与えているという飼い主さんも多く見受けられます。

実際、果物や野菜が好きな犬って多いと思うんですけど、実は消化には適していないんです。

元々肉食動物である犬がお米やトウモロコシ、大豆を食べることはなかったのですが、今流通しているドッグフードはこういった穀物を使用しているものがほとんどです。

なぜなら、原材料が安く済むから。ドッグフードを安く販売するために必須の原材料となるのが、穀物なのです。

今家にあるドッグフードの原材料をチェックしてみてください。原材料は比率が多い順に表示されており、最初から数えて三つまでが主原料ですが、そのドッグフードはどうですか?

かといって、じゃあ肉をそのまま与えればいいのか…といったらそれも間違いなんです。牛肉や豚肉は犬にとってはアレルギー性が強くて健康によくありません。

ちなみに鶏のササミにはリンが多く含まれているので、カルシウムを体内で破壊してしまいます。

牛・豚・鶏ササミがダメで、野菜も穀物もダメだったら…食べるものなんてなくない?

そう思うかもしれませんが、それでも穀物中心のフードや牛・豚などを与え続けることは犬の吸収器官に大きな負担をかけ、内臓疾患やアレルギーなどを引き起こしてしまうリスクが高まってしまうのです。

飼い主は知っておくべき!犬が食べてはいけないもの13選

FINEPET’Sドッグフードは犬の食事のための原材料にこだわっています。

FINEPET'Sドッグフードは犬の食事のための原材料にこだわっています。

先にも説明しましたが、日本のペットフードは原材料や添加物に対しての安全基準や規定が一切ないって知っていましたか?

人間に対してはあんなに厳しいのに、ペットフードは法律で守ってくれないのです。原材料の表示義務もなく、「天然素材」や「無添加」を名乗るものでさえ、ふたを開ければ添加物が使用されていた、という悪質なケースまであります。

ここまでくると詐欺ですが、実際にモラルのない悪徳企業が増えているのも事実です。

ちなみにペット飼育先進国であるドイツやアメリカなどは、日本とは比べものにならないほど厳しい基準があります。なのでその品質の高さは世界中の愛犬家から定評があります。

FINEPET’Sドッグフードはその基準をクリアしており、人間が食べることが出来るレベルの質の良い原材料のみ使用し、原材料表記も徹底していることが評判の良さに繋がっています。

『FINEPET’Sペットフード』は、原材料を100%明記しています。

そして、化学合成された添加物や、肉類の副産物(バイオプロダクツ)は一切使われていません。先ほどお伝えした、牛肉・豚肉・鶏ササミも一切使用されていないのです。

主原料には、新鮮なオーストラリア産ラム(仔羊)肉、鶏肉、鮭肉を主原料(肉類原材料割合70%)が使用されています。

原材料の中で熱に弱い性質のものは、栄養成分を損なわないようにオーブンベイク後に加工されています。

そして、品質管理を徹底するために中国産・韓国産原料も使用していません。安全性の高い産地の原料のみを使用しています。

FINEPET’Sドッグフードを購入する前に確認しておくこと

FINEPET'Sドッグフードを購入する前に確認しておくこと

保存方法と消費期限

FINEPET’Sドッグフードは、犬の健康を考えて化学合成された酸化防止剤や防腐剤などの添加物を一切含んでいません。人間の食べるものだって無添加のものは冷蔵庫で保存しなかったらすぐ腐りますよね。

いつまで経っても腐ったり品質が変わらないドッグフードは、保存料などの添加物が沢山入っていたということになります。

なので、開封・未開封に関わらず冷蔵庫の野菜室などに保存します。開封後はできるだけ密封できる容器に移し替えてください。

そして、夏場(4~10月)はなるべき1ヶ月以内、冬場(11月~3月)はできれば2ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

※新処方に改良され、天然成分のみの保存料でありながら18カ月間常温での保存が可能になりました!

種類と給餌量

FINEPET’Sドッグフードは、犬にとって本当に必要な栄養素だけを使って作られています。

なので、全ての犬種・年齢に合うように作られているので、種類はたった一種類しかありません。おやつは何種類かあります。

よく幼犬用・成犬用・小型用・大型用など犬種や年齢で分けて作っているメーカーがありますが、FINEPET’Sドッグフードはそういう風に分ける必要がないのです。

給餌量を調節することで、全ての犬に合うように作られています。

ただ、与え過ぎると太ります。原材料も消化・吸収しやすいもののみを使用しているため、消化吸収率87%という超高率。これは一般的な高級ドッグフードと比べても2倍以上の消化吸収率なのです。

少ない量で十分な栄養が賄える優れたフードになっているので、従来上げていた量と同じ量を上げたら飼い犬が肥満になってしまう可能性があります。「愛犬の食い付きが良く、必要以上の量を与えてしまった…」という口コミも。

なので、飼い主の皆様が給餌量をしっかり管理してあげてくださいね。

愛犬に良い影響が現れるまで

愛犬に良い影響が現れるまで

犬の体内の血液が入れ替わるまでは約3ヶ月かかるそうです。ということは、FINEPET’Sドッグフードが犬の健康に対して良い影響を及ぼしているかどうかがわかるまでには、3ヶ月はかかるということです。

即効性を期待すると「期待と違うじゃん!」となってしまいますが、人間もそうですが、ダイエットや何でも体質を変えるまでに3ヶ月くらいはかかります。

逆に即効性のある薬とかの方がよっぽど体に害を及ぼしますよね。

まずは3ヶ月ほど使い続けて、愛犬の血液や体質が一巡した時に、毛並みや目の輝き、健康状態にどう変化があったかを確認してほしいのです。

まずはお試しパックから

まずはお試しパックから

初めて注文の方は、お試し1.5キロが3,142円のところを1,080円で購入できます。

ちなみに、新しく「極(キワミ)」という最高級ドッグフードも登場しましたが、お試し1.5キロが5,278円のところがなんと1,080円で購入できます。

食べてくれないと困るので、まずはお試し1.5キロを買ってみて、喜んで食べるようであれば検討する方が無難ですね。価格だけを見たらちょっと高いかもしれません。でも、愛犬の健康や命はお金には変えられないと思うのです。

なお、大粒タイプと小粒タイプがありますので、愛犬が食べやすい方を選んであげて下さい。

初回お試し用のフード、1.5kg 1,080円

さいごに

人間はこんなに気にしている食生活なのに、犬の食事ってなるとそこまで意識していなかったという飼い主さんも多いと思います。

大事に思っているはずでも、ドッグフードに関する意識は日本ではあまり浸透していません。

これを機に、ぜひドッグフードを見直してみてくださいね!

愛犬にはどの種類がおすすめ?ドッグフードの選び方

ドッグフードランキング!評判の良さからおすすめ5選




  関連記事

モグワンドッグフードの口コミ評判

モグワンドッグフードは『まるで手作り健康食』と口コミで評判に!

大切な家族である愛犬に、 できるだけ長生きしてもらいたい いつまでも元気でいてほしい とびきりおいしい食事をあげて幸せを感じてほしい とドッグフードにこだわる飼い主さんは

犬に野菜って必要?与えても良い野菜と与えてはいけない野菜

人にとって野菜は体に良い食べ物とされていますが、犬にも野菜は必要なのでしょうか?また、犬に与えても良い野菜と与えてはいけない野菜についても併せて紹介します。

子犬の離乳食!スタートのタイミングとドッグフードへと切り替えるタイミングは?

子犬の離乳食!スタートのタイミングとドッグフードへと切り替えるタイミングは?

子犬の授乳期の後は離乳食に変えます。ここでは子犬の離乳食について、スタートのタイミングとドッグフードへ切り替えるタイミングについてご紹介します。

『ビタワン』ドッグフードの口コミ評判は?

『ビタワン』ドッグフードの特徴と口コミ評判

ペットショップやホームセンターなどの実店舗での取扱いがある『ビタワン』のドッグフードは、一度は目にしたことがあるかと思います。 ビタワン(6.5kg) posted wi

犬のサプリメント『キングアガリクス』の効果と口コミ評判

犬のサプリメント『キングアガリクス』の効果と口コミ評判

アガリクスは、近年サプリメントとしてその知名度も非常に高いものになりました。アガリクスそのものは見たことがない人でも、一度はその名前を見聞きしたことがあるかもしれませんね

  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。