排泄に問題あり?犬の便秘と下痢を日々チェックして健康状態を管理!

排泄に問題あり?犬の便秘と下痢を日々チェックして健康状態を管理!

犬の健康状態を把握する方法は、便の状態をチェックするのがもっとも有効です。腸は『第二の脳』とも言われるほどの臓器で、脳からの指令がなくても独自に判断して活動しています。

また、その腸から排出される便は、様々な病気の発見にも繋げることができる大事な『健康チェックアイテム』でもあるのです。犬も人間と同じで便秘もすれば下痢もします。

うまく排便が促されない、もしくは便が硬すぎたり柔らかすぎたり、時には血便となって排泄されることもあります。こうした便の状態は、犬の健康に何らかの異常があることを示してくれるシグナルのようなもの。

大切な愛犬が健康を大きく損なってしまうことがないように、飼い主として日頃から便のチェックは怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

便秘はどのような状態?

人間でも便秘に悩む人がいらっしゃいますが、犬の便秘も同様の症状です。

  • いきむわりになかなか便が排泄されない
  • 便が出ても少ない
  • 便が異常に硬い
  • 便が乾燥している
  • 便が硬すぎて肛門が切れてしまう

これらの状態に当てはまっていると、いわゆる『便秘』ということになります。

下痢の状態

下痢は以下のような便が当てはまります。

  • いつもの便に比べて明らかに軟らかい
  • 便が液状(水下痢)
  • 便が粘液状
  • 便に血が混ざっている(血便)

このように、下痢の場合は普段の便と違うことが目で見て分かります。ここからは、便秘と下痢のそれぞれについて詳しく説明します。

便秘から判断できる病気

便秘から判断できる病気

便秘は、例えばいきなりフードを切り替えたり、引っ越しなどで環境が変わったりするストレスで引き起こされることがあります。その他、サプリメントや薬を摂取しているならそれが原因となることもありますし、単に水分摂取が足りていないことでも引き起こされます。

こうした、外的要因で引き起こされる便秘は、基本的に一過性で終わることがほとんどです。しかし、油断ならないのが内的要因によって引き起こされる便秘――つまり病気を伴う便秘です。腸閉塞などやアレルギーなどの病気や、寄生虫、化学物質などの影響でも便秘の症状が現れる犬もいます

また、フードなどを大量に食べて消化不良を引き起こしている可能性もありますし、異物を飲み込んで腸内に引っかかっているケースもあります。さらに、精神疾患によって便秘になることもあります。

このように、便秘の要因は挙げたらキリがないほどありますので、便秘だからと安心してはいけません。内的要因・外的要因様々な原因があるにせよ、2日~3日も続けて便秘状態が続いているようなら早めにドクターの診断を仰ぎましょう。

スポンサーリンク

下痢から判断できる病気

下痢から判断できる病気

下痢も、便秘と同様に様々な要因で引き起こされます。一過性のものもあれば慢性的に引き起こされるもの、腸に直接関係のあるものもあれば、間接的に下痢を引き起こすものまで様々です。

ウィルスや寄生虫などの感染症、大腸や小腸の病気、膵炎など内臓の病気、食べずぎ、ストレスなどなど、こちらも便秘と同じで挙げたらキリがないほど原因があります。

また、犬は人間よりも胃酸が強いため、少々傷んだものを食べても食中毒になりにくいとも言われますが、それにもやはり限度というものがあります。

フードが傷んでいたり、カビが生えていることに気付かないまま与え続けていると、菌の毒素などで下痢を招いてしまうことがあります。ストレスなどで一過性のものであれば、基本的に受診の必要がないまま完治することもあります。

ただし、血便や粘液状の便が出た場合は、なるべく早めに動物病院を受診することをおすすめします。特に血便は、病気が重症化している可能性も考えられるため、迷わず受診した方が確実です。

便秘や下痢を防ぐ方法

便秘や下痢を防ぐ方法

内的要因であれ、外的要因であれ、飼い主が注意していれば便秘や下痢をある程度予防することは可能です。

外的要因に伴う便秘や下痢の予防方法

外的要因に伴う下痢は、『本来は下痢をする必要がないのに下痢を招く要因を作ってしまう』ことです。これを単純に捉えれば、”確実に防げる”ということを意味します。

例えば、おもちゃなどの異物を誤飲しないように注意するとか、フードの管理方法に注意することなどが挙げられます。また、水も常に新鮮なものを与えたり、添加物だらけのフードやおやつを与えたりしないということも必要です。

さらに、引っ越しなどによる環境の変化に注意する、運動不足にならないように注意するということも必要です。こうした普段からの心掛けで、外的要因に伴う便秘や下痢を高い確率で防ぐことができます。

内的要因に伴う便秘や下痢の予防方法

内的要因による便秘や下痢の場合、それを事前に見抜くのはなかなか難しいものです。内的要因で便秘や下痢が引き起こされるときは、その症状自体が病気のシグナルとなります。

初期段階であればかかりつけ医に電話で相談するなどすれば適切にアドバイスをしてもらえます。しかし、すでにぐったりしてしまっていたり、尋常ではないほどの下痢をしてしまっている場合は、とにもかくにも早めに動物病院を受診するのがおすすめです。

重症化してしまっている場合、様子を見ていたところで改善は見込めません。安易に考えていたらみるみる症状が悪化してしまったというケースもありますので、「たかが下痢」「たかが便秘」と、安易に考えてはいけません。

しぶりに注意!

しぶりに注意!

排便の体勢に入っているのにまったく排泄されないことがあります。これを一般的に「しぶり」と呼びます。一見すると便秘のように見えますが、実情はまったく異なります。

腸内で何か引っかかっているなど、大腸に何らかの疾患を抱えていることもあるので、早めに受診した方が賢明です。

スポンサーリンク

まとめ

便秘や下痢を放置してしまったことで、大切な愛犬が命の危険にさらされてしまうケースも少なくありません。愛犬のことを一番理解しているのは飼い主ですが、それでも病気のこととなればまったくの素人であることに変わりはありません。

便秘や下痢の要因を除外するのは当然の努めですが、それでも何らかの病気にかかってしまったら、頼るべきは獣医さんだけということになります。

一過性なのか? それとも慢性的なものなのか? ということを落ち着いて見極めることはもちろん、獣医さんに診せるかどうかの判断も飼い主にかかっています。

尚、獣医の診断を仰ぐ際は、できれば排泄した便を持参して行くのがおすすめです。

また、便秘や下痢を引き起こす前に変わった様子がなかったかどうかを説明できるようにしておくと、診断の大きな助けになります。

犬の健康管理(病気・怪我)
スポンサーリンク
愛犬に食べさせたいドッグフードランキング!おすすめ4選+番外編2選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。

「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さから厳選、おすすめ順にランキングで紹介します。

犬と歩む道