近所迷惑になるのは避けたい…吠えない犬はどの犬種!?

近所迷惑になるのは避けたい…吠えない犬はどの犬種!?

住宅環境の影響もあり、犬を飼いたいけれどなかなか行動に移れないという方も多いかもしれませんね。その理由はやはり「吠える」ことです。

犬が吠えてしまうことで、ある種の公害ともなり得てしまうため、「飼うなら吠えない犬がいい」という理由もよく分かります。では実際問題、吠えない犬というのは存在するのでしょうか?その点についてお話していきましょう。

犬は吠えるものです!それは承知しておくこと

まず前提として言っておきたいのは、「犬は吠えるもの」だということです。意思を表すためのツールとして、「声を出す=吠える」という行動で示すわけですから、100%吠えない犬というのは存在しません。

吠えないようにするにはしつけが第一

吠えないようにするにはしつけが第一

犬は吠える――これは動かすことのできない犬の習性です。しかし、同じ犬種であっても、よく吠える犬あまり吠えない犬がいるのも事実ですよね?この違いは何なのでしょうか?

犬が吠えるか否かの違いは、ズバリ!しつけです。一般的に無駄吠えと呼ばれる行動のほとんどは、しつけで抑えることができるわけですね。つまり、吠えない犬を飼いたいのであれば、覚悟を持ってしつけをできるかどうかにかかっているわけです。

吠えない犬を一生懸命に探しても見つかるわけはないので、まずはなるべく吠えないようにしつけてあげることを第一に考えるようにしましょう。

吠えることのすべてが無駄吠えだというわけではありません

吠えることのすべてが無駄吠えだというわけではありません

無駄吠えについては、「吠える=無駄吠え」だと考えてしまう傾向が強いものですが、実際にはそういうことは一切ありません。無駄吠えというのは人間が生活していく上でどれだけ不都合なのかということが中心になっています。

「犬は吠えるもの」という視点に立てば、無駄吠えの定義は100%人間側の都合によるものというわけです。そのため、犬が吠えないように無理矢理抑え込むのではなく、吠えることを前提として迎え入れることが大事ですし、しつけにしても、「どこまでを無駄吠えとするか?」に応じてしつけていく必要があります。

グッズを使って無駄吠えを抑え込む方法は絶対にダメ!

グッズを使って無駄吠えを抑え込む方法は絶対にダメ!

最近では、無駄吠え防止のグッズなども販売されていたりもしますが、できることならグッズに頼らず飼い主のしつけによって無駄吠えを改善したいものです。

無駄吠え防止のグッズと言えば、その代表例は無駄吠え防止首輪でしょう。しかし、無駄吠え防止首輪は、ハッキリ言って虐待行為そのものです。

なぜ犬が吠えているのか?という根本原因すら理解しようとせずに、一方的な虐待的グッズで抑え込むのは絶対にNG行為です。ストレスが原因ならそれを取り除けば無駄吠えが治まるかもしれません、病気ならそれを治療してあげれば無駄吠えが改善するかもしれません。

そうした理由すら探そうとせずに、「うるさいから」という理由でグッズに頼ってしまうのは、飼い主の怠慢と言わずして何と言えばいいのでしょうか?そうして、結果的に無理矢理抑え込まなければならないのであれば、最初から飼育はしない方が賢明な判断です。

それでも知っておきたい!吠えない犬種

以上のようなことを念頭に置いた上で、ここからは比較的吠えにくい犬種をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・シュナウザーは結構活発な印象のある犬種ですが、比較的吠えにくい犬種として知られています。

短頭犬種

短頭犬種

短頭犬種も、比較的吠えにくいと言われています。特にパグなどは豊富な運動も必要としませんし、日本の住宅事情にもフィットしているとして人気の高い犬種です。

吠えにくい犬種でも個体差があるのは当然

吠えにくい犬種として敢えて挙げるとすれば以上になります。ちょっと少ないと思われるかもしれませんね。確かに他にも吠えにくい犬種は存在しますが、強いて挙げるとすれば上の2つが限界です。

吠えにくい犬種といっても飼育環境やしつけ次第では吠えまくるようになってしまうこともあります。つまり、どんな犬種であろうと、しつけと飼育環境がしっかりしていなければ何の意味もないということになります。

吠えにくいと言われている犬種は、基本的に飼い主に従順で賢い犬種がほとんどですから、そうした犬種を飼育して、効率的にしつけを加えてあげるだけで無駄に吠えることを防止することができるのです。

「なるべく吠えない」ようにしつけることは十分に可能ですが、「100%吠えないようにする」ということはまずあり得ないので知っておいてくださいね。

「吠えない犬はどれですか?」という質問は愚問です

「吠えない犬はどれですか?」という質問は愚問です

よく、「吠えない犬はどれですか?」という質問を見かけます。ペットショップなどでスタッフに質問している人もいますし、ネットの質問サイトなどに投稿している人もいます。

しかし、犬は吠える動物である以上、そうした質問は愚問でしかありません。はなから吠えない犬を求めてしまっている以上、すでに飼い主としての資質にも疑問符が付いてしまっている状態です。

吠えない犬を探すのではなく、しつけのしやすい賢い犬を探すのであれば話は分かりますが、飼育前からしつけについてまったく考えていないのであれば、もはや本末転倒です。しつけの手間も考慮せずに犬を飼おうということ自体が無謀ということなのです。

まとめ

密集した住宅地、マンションなどの集合住宅。そうした場所に住む方にとって、犬の吠える声というのは確かに近所迷惑ともなり得るものかもしれません。しかし、犬の吠え声がうるさいと感じている大多数の人の怒りは、犬ではなく飼い主に向けられていることも意識しておきましょう。

「うちの子は吠えてばかりでうるさくて」と、犬に責任を押し付けるかのような言い訳をする飼い主もいますが、それはつまり、「私はダメ飼い主です」と主張しているようなものです。

俗に、「無駄吠えが多い」・「吠え癖がある」と言われている犬の場合、その飼い主や飼育環境を見れば自ずと吠える理由も分かるものなのですが、当の飼い主はそれに気付けないでいるわけですね。

元から吠えない犬は存在しませんが、吠えない犬にしつけることは十分に可能です。それには先述したように飼い主の努力も欠かせません。吠えない犬を探すのではなく、ぜひとも、自らの努力によって吠えない犬を育てるようにしてくださいね。

犬の飼育知識
スポンサーリンク
愛犬に食べさせたいドッグフードランキング!おすすめ4選+番外編2選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。

「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さから厳選、おすすめ順にランキングで紹介します。

犬と歩む道