*

犬も皮膚からフケが出る!?考えられる原因と対処法

      2018/07/02

愛犬の被毛が粉を吹いていることってありませんか?それはもしかしたらフケかもしれません。犬は意外とフケが出ることを知っているのは恐らくすでに犬を飼っている人でしょう。

これから犬を飼おうと思っている人は、恐らくフケのことを意識していないのではないかと思います。人間のフケにも原因があるように、犬のフケにも様々な原因があります。いざという時に慌てないためにも、犬のフケについても知っておきましょう。



犬のフケは体の代謝に伴うもの

人間のフケもそうですが、犬のフケも体の新陳代謝に伴う老廃物です。そのため、基本的には「フケが出て当たり前」でもあるわけですね。しかし、普段はあまり目立たなかったのに、最近妙にフケが目立ってきた…という場合は、代謝以外にも何らかの原因が考えられます。

犬の皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は、平均して約3週間と言われています。サイクルがくると、一番上に押し出された角質が剥がれてフケとなります。ではなぜ、フケが目に見えて出てこないのでしょう。

皮膚が健康な場合は、出てくるフケ(角質)は少ないです。そこに皮膚の表面にいる常在菌によって分解されてしまうためにひと目見てわかるような「フケが出ている!」という状態にはならないのです。

フケとして目に見えてしまうのは、何らかの原因でターンオーバーのサイクルが乱れてしまうからです。ターンオーバーのサイクルが早くなってしまう異常角化が起きてしまうと、常在菌で処理できる量を超えてしまいます。だから目立ってしまうのです。

この「何らかの原因」は、病気だったりストレスだったりと個々で違います。

犬のフケの原因と種類

犬のフケの原因と種類

フケにも種類があることを知っていますでしょうか。フケ=カサカサしたものだけではありません。基本的に2つの種類があります。

  • 乾性フケ:白くて乾いた状態のカサカサしたフケ
  • 脂性フケ:脂っこくて湿り気のある状態でニオイがあるフケ

一般的に多く見られるのは、乾性フケだと思います。(人間でも出ますから、よく目にしますね。)しかし、フケが出てしまう原因によって変わってきます。

乾性フケは、ダニによるものであったりアトピー性皮膚炎であったりと原因は多岐にわたっています。

脂性フケの場合は、アトピー性皮膚炎(乾性フケの場合もあります)や脂漏性皮膚炎が疑われます。ベタつきがありますので異常に気がつきやすいとも言えます。

著者の愛犬(当時13歳:オス)も夏にこの「脂漏性皮膚炎」と診断されたことがありました。最初に感じたのは、臭いニオイです。側の行かなくても臭っていたので、おかしいと思っていました。

そのうちにフケというか、毛がべたついた感じがして、タオルで拭いたところ、白っぽいベタベタしたものが付いてきました。最初はフケだと気がつきませんでした。ダニなどの虫系か、ゴミ類かと思ったくらいです。

汗をかいているのかと思ったのですが、独特なニオイとベタつきが変だと思い、動物病院へ電話をしたところ、もしかしたら皮膚炎かもということで、あわてて受診をしたのです。

健康な子にはフケはほとんど出ることがないものです。シャンプーなどで皮膚の状態を悪くさせてしまってないか、逆に乾燥させていないかなどブラッシングの時にチェックしてあげるようにしましょう。

フケが見られても、少量であればそれほど心配することはありません。しかし、ニオイがしたり日に日に増えてきたりというような、普通と違うものが感じられたら、動物病院への受診をおすすめします。脱毛やかゆがるような場合も同様です。

アトピーや皮膚炎などの疾患にかかっている場合は、獣医の力を借りなければなりません。早期発見で早期治療が、愛犬を守り、悪化させないことに繋がります。

カビが原因でフケが出ることもある

カビは、家の中でも湿気の多い場所にいます。問題なのはこのカビではありません。土に繁殖するカビの一種が、フケの原因になることがあるのです。

土からカビに感染すると「皮膚糸状菌症」にかかります。特徴は、フケと円形脱毛です。かゆみはさほどないようですが、人にもうつりますので飼い主さんも注意が必要です。

感染は、土だけでなく、他の動物からということもありますので、ドッグランや散歩などでの接触も注意した方がいいでしょう。フケや脱毛が見られたら、すぐに動物病院への受診が必要です。

外で飼っている場合は、カビが繁殖する時期などに注意しましょう。



愛犬のフケ対策として!シャンプーはしっかり洗い流すこと!

シャンプーはしっかり洗い流すこと!ストレスもフケを誘発する原因です!

愛犬のフケが目立ってきた場合、まず考えられるのはシャンプーがしっかりと流し切れていないケース。たまに、「良い香りがするから」という理由で、満足にすすぎを行わない飼い主さんもいらっしゃいますが、それがフケの原因になってしまいます。

シャンプーというのは確かに衛生的ですが、すすぎが足りないと思わぬ皮膚トラブルの要因になってしまうのです。シャンプーは、しつこくすすぐくらいがちょうど良いとも言えるくらい、しっかりと洗い流すことが必要です。

また、シャンプー後も満足に乾かさないでいると、雑菌等が繁殖してフケを誘発させます。シャンプーをするなら、しっかりすすいでしっかり乾かすことを徹底しましょう。

シャンプーがフケの原因になることは前出した通りです。ただし、その際はすぐにフケが出るわけではありません。シャンプー後2~3日くらいで浮き上がるようにして出てきます。その後は増えていきますし、ニオイもしてくるため、すぐに気がつくと思います。

シャンプーが合わなくて出ることもありますが、シャンプーが残っていてということも少なくありません。

著者も最初の頃は間違ったシャンプーのやり方をしてしまってフケが出てしまったことがあります。その時もフケがすぐに出たわけではありませんでした。最初に気がついたのは、ニオイです。何とも言えない独特なニオイ、はっきり言って臭かったです。「シャンプーをしたのになぜ?」と思っていました。

使ったシャンプーのボトルから嗅いで、違いに気がついていました。しかし、夏場であったこと、ドッグランに連れて行ったことなどさまざまありましたので、ニオイの変化を重視していませんでした。それから3日後くらいからフケが出てきたのです。

このようにシャンプー後もニオイなどに注意しておくことが大切です。初心者飼い主さんなどがやってしまいがちな失敗例を紹介します。

  • シャンプーを直接毛に付ける(泡立ててから泡を付けるようにするのが正解です)
  • ブラシなどを使って強く洗う(やり過ぎだと皮膚を傷つけてしまいます)
  • すすぎが十分ではない(下の被毛のところに残ってしまうことがありますので、十分に流してください)

犬を飼い始めの飼い主さんによく見られるのが、「すすぎが不十分」という失敗です。(著者もやってしまい、フケが大量に出てしまいました…)

すすぎは、これでもかというほどにしっかりやっておきましょう。毛をめくってぬめりや泡が立っていないかもチェックしてください。(特に冬毛の場合)

これを行うだけでも「シャンプーが原因でのフケ」ということが減ります。

シャンプー剤が犬の体質に合わないこともあります

シャンプー剤が犬に合わない場合も、フケを誘発します。その場合、アレルギーや皮膚の弱い犬でも使用できる薬用のシャンプーなどを使用するようにしましょう。そうしなければ、皮膚の状態もどんどん悪化してしまいますので、十分に気を遣ってあげることが大切です。

たくさんのシャンプーが販売されています。用途によって選ぶことが多いかと思いますが、犬の肌質に合うものを選ぶようにすることが大切です。

健康な皮膚の状態でも合わないものを使えば、ダメージを与えてしまいます。初めてのシャンプーというのであればなおさら気をつけなければいけません。

ズバリ、低刺激のシャンプーや薬用シャンプーがおすすめです。どんなものが良いか分からない場合は、トリマーさんや獣医に相談してみましょう。フケの原因となることを少しでも遠ざけることができます。

参考:愛犬の皮膚のために『ミネラルスパシャンプー』

シャンプーのし過ぎはダメ!

頻繁にシャンプーばかりしているというのも問題です。シャンプー自体、犬の皮膚にとっては刺激の強いものですし、洗いすぎると必要な皮脂まで取り除いてしまうことになります。

これは犬の皮膚にとっては致命的で、清潔にするどころか逆効果を招きかねません。犬のシャンプーは月に1回程度で十分ですし、多くても月に2回ほどまでが限度です。

シャンプーなどの外的要因のほかにも、ストレスが原因でフケを誘発してしまうこともあります。適度な運動や日光浴など、なるべくストレスを溜めない環境で飼育することも必要ですね。

飼い主にできる愛犬のフケ対策

飼い主にできる愛犬のフケ対策まとめ

これまでの中で、「フケの原因は、病気だけではない」ということがお分かりいただけたと思います。病気の場合であれば、動物病院への受診が何より先になります。それ以外の場合は、生活環境を整えることでフケ対策が可能です。

実際に実践したことや飼い主仲間からの情報を元にまとめてみました。

  • 皮膚の状態は日々チェックする(ブラッシングの時にできます)
  • シャンプーを頻繁に行いすぎないこと(夏場:月2回程度、冬場:月1回程度)
  • シャンプーは愛犬に合っているものか、低刺激のものを使う
  • すすぎは念入りにして、皮膚も一緒に乾かすようにする
  • 総合栄養食が体に合っているかをよく見ておく
  • 散歩などでダニやノミのいそうなところは避けるようにする
  • 湿気の多い時期は、土に繁殖するカビにも注意する
  • ストレスを与えないように生活を整える(散歩・食事・音など)

日常生活の中にはストレス因になることや、体質に合わないものなどさまざまあります。ストレスにおいては、人間でもしんどい思いをしたり体調不良を引き起こしたりするのですから、犬も同じと考えましょう。しゃべることができない分、身体に出やすいです。

飼い主さんがちょっと気をつけるだけで、フケ対策になることがあるということを知っておいて欲しいと思います。

粗悪な食事でフケが多くなることもあります!

粗悪な食事でフケが多くなることもあります

人間のフケでも、生活習慣を見直すことで改善が期待できると言われますが、それは犬もまったく同じです。生活習慣の代表的なものと言えば食事ですよね。食生活が乱れていれば、犬の健康にも悪い影響を与えますし、それが元でフケを誘発するケースも多々あります。

そして、犬の食生活で最も身近なものと言えばドッグフード。事実、粗悪なドッグフードやおやつによって皮膚トラブルを引き起こす犬が非常に多いのです。

フケが出過ぎるということは、やはりどこかしら皮膚に弱点を抱えている可能性があります。それはもしかしたらアレルギーかもしれませんし、アトピー性皮膚炎という可能性だってあります。

少なくとも、そうした皮膚トラブルを抑える、もしくは予防するのであれば、ドッグフードやおやつにもしっかりとこだわっておきたいところです。

原因不明のアレルギーで悩む犬が安全なドッグフードに切り替えただけで症状が緩和されるケースも非常に多く報告されています。原料や産地にまでこだわったフードを与えるタイミングは、早いに越したことはありません。

それだけで犬の健康を守れるのであれば、多少値が張ったとしても、安価で粗悪なフードを与えているよりも遥かに安上がりになることだってあるわけですね。

参考:犬のアレルギー症状とその原因!ドッグフードにも注意?

乾燥によるフケなら犬用化粧水などを使用するのもおすすめ!

冬場などは、犬の皮膚も乾燥しやすく、痒みやフケも多く見られるようになります。この場合、犬の皮膚の乾燥を改善させてあげるだけでフケを抑えることができます。

もちろん、重度の症状であれば動物病院へ連れていかなければなりませんので、その点は気を付けるようにしてください。

乾燥によるフケは、犬用の化粧水などを使うことで抑制することができますし、室内犬であれば湿度を調節するだけで改善できます。

参考:犬にもアトピーが?皮膚のかゆみや目ヤニにペット用化粧水『AVANCE』

被毛のお手入れはしっかりと!

被毛のお手入れはしっかりと!

皮膚トラブルやフケの防止で大切なポイントとしては、やはり日常的なお手入れです。日常的なお手入れと言えば、ブラッシングですよね。少なくとも、お散歩やお出掛け先から帰ってきたときは、ブラッシングを習慣化しておくことが必要です。

もちろん、お散歩中に水遊びをして楽しむ犬もいるでしょうし、草むらに飛び込んではしゃぐ犬もいるでしょう。それはそれで大いに結構なことではありますが、その後のケアをしっかりしていないとフケの原因になる場合もあるのです。

ブラッシングして汚れを落とすことも必要ですし、被毛が濡れているならしっかりと乾燥させなければいけません。

参考:犬のブラッシングのやり方とおすすめのブラシまとめ

湿疹など皮膚に異常が見られたらすぐに病院へ

湿疹など皮膚に異常が見られたらすぐに病院へ

フケが目立ってきた際、皮膚に発疹やかさぶたなどが見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。疥癬やツメダニ症、脂漏症といった病気が原因でフケが目立ってしまうこともあります。

すぐに命に直結するというものでもありませんが、痒みによって犬も辛い思いをしますし、掻きむしった場所から何らかの感染症を引き起こす可能性もあります。

傷口が化膿したことで重症化してしまうケースも少なくありません。安易に見過ごすことはせず、早めに動物病院を受診するように心掛けましょう。



まとめ

以上のように、フケにも様々な要因があります。少なくとも、異様にフケが目立っていたり、頻繁に痒がったりしているなら何らかの疾病が関係している可能性が高いです。

そうした場合は、獣医による適切な処置も重要となりますので、看過して重症化する前に、早めの対策を講じるようにしましょう。飼育前にかかりつけ医を見つけておけば、迅速に対応することもでき安心です。

併せてこちらもチェック!




  関連記事

【犬の代表的な病気】症状や状態から早期発見して原因を把握すべし!

犬にとっても病気は身近なことですが、犬は病気を自ら訴えることはできません。だからこそ飼い主は日々注意して早期発見!ここで犬の代表的な病気とその症状、原因について紹介します。

排泄に問題あり?犬の便秘と下痢を日々チェックして健康状態を管理!

犬の健康状態を管理するためには、便の排泄を日々チェックすることが大切です。便秘と下痢の症状・原因やそれぞれの対策、注意すべき点について説明します。

愛犬が糖尿病に!?その原因と食事との関係

愛犬が糖尿病に!?その原因と食事との関係

人間と同じように糖尿病にかかってしまう犬が増えている傾向にあります。ここでは犬の糖尿病とその原因、食事などによる予防法についても併せてご紹介します。

愛犬の適正体重は?

犬の肥満の原因は運動不足と食事!さぁ、ダイエットを始めよう!

愛犬の健康管理に必要な情報のひとつとして、体重を知っておくことは大切です。犬の体重が増えたとか減ったとかというのは、見た目ですぐに分かるものでもありません。 特に、いつも

犬も風邪引くの?原因とその症状の正体とは?

風邪をひいてしまったことで、愛犬にうつってしまうのでは?と心配になってしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか?実は、これは結構よくある話で、風をひいてしまったために愛

  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。