愛犬が風邪!?くしゃみ・鼻水・咳などの症状から分かる原因とは?

愛犬が風邪!?くしゃみ・鼻水・咳などの症状から分かる原因とは?

風邪をひいてしまったことで、愛犬にうつってしまうのでは?と心配になってしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか?実は、これは結構よくある話で、風をひいてしまったために愛犬を遠ざけておくという飼い主さんも相当数いるようです。

しかし、犬を始めとして、動物には風邪と呼ばれる病気がないということをご存知でしょうか?この記事では、犬のくしゃみ・鼻水・咳など、風邪のような症状からみるその原因について紹介していきたいと思います。

命にかかわる場合もあり、緊急を要することもあるので、症状を見極めてその対策と予防についての知識を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

動物病院で「風邪です」と説明された…

動物病院で「風邪です」と説明された…

愛犬が微熱を出したりくしゃみをしたり……つまり、人間でいうところの風邪のような症状を発症した際に病院へ行くと、獣医さんから「風邪です」と説明を受けることも少なからずあります。

ですが、先にも説明したように、犬に「風邪」という病気はありません。それなのになぜ、それを分かっているはずの獣医さんが、「風邪です」という説明をするのでしょうか?この場合、その獣医さんはとても親切な獣医さんだと言えるでしょう。鼻の粘膜や気管が炎症を起こしてしまった場合、飼い主に分かりやすいようにそう説明してくれているということになるのです。

人の風邪もウィルスなどの感染によって呼吸器の粘膜が炎症を起こしたりして、咳やくしゃみ、鼻水、発熱といった症状が発症しますよね?これと似た症状が犬にも見られる際、飼い主でもすぐに理解できるように、「風邪みたいなもの」という表現が使われるのです。

代表的なのが「ケンネルコフ」です

代表的なのが「ケンネルコフ」です

犬が風邪のような症状を引き起こす病気として良く知られているのが、ケンネルコフという感染症です。ケンネルコフを発症すると人の風邪と似た症状が出るため、獣医によっては「風邪です」と説明することもあります。

ケンネルコフというと何となく物々しい病名に聞こえてしまうため、敢えて「風邪」という言葉を使って、余計な心配をさせないようにしてくれる優しい獣医さんも多いのです。もちろん、人間の場合の風邪でも、高齢者や子供など抵抗力の弱い人の中にはそれが原因で肺炎などを招き、命に関わってしまうこともあります。

それと同じように、ケンネルコフの場合も高齢犬や子犬が発症すると、場合によっては命の危険に晒されることもあります。

また、ケンネルコフだと思ったら別の病気が原因だったというケースもありますから、「たぶんケンネルコフだからそのうち治るだろう」という安易な素人判断は避け、愛犬の体調に変化を感じたら、必ず獣医の診断を仰ぐようにしましょう。

犬も冬に体調を崩しやすくなります

犬も冬に体調を崩しやすくなります

人間社会において、「風邪」と聞いて連想する季節といえば冬であるように、犬も冬になると風邪のような症状が引き起こされやすくなります。これは当然ながら、冬の乾燥した季節にウィルスが活発になる上に、人間と同じように犬も寒さによって体内の免疫力が低下してしまうことが原因です。

犬も冬に体調を崩しやすくなるということは明白な事実なので、特に高齢犬や子犬の場合は、室内の温度や湿度には十分に気を使ってあげる必要があります。

また、屋外で飼育している場合であれば、なるべく防寒のための対策を講じてあげることが重要です。犬の寒さ対策は以下の記事で詳しく紹介しています。

体調を崩すと他の感染症リスクも高まります

体調を崩して体の抵抗力が弱まってしまうことが原因で、他の感染症に感染してしまうリスクも高くなります。感染症の種類によっては、当然ながら命の危険に晒されることになりますし、それが元で後遺症を患うこともあります。

特に、犬ジステンバーなどの感染症にかかってしまった場合は、早い段階で処置をしなければ危険です。ワクチンを打っていても、抵抗力の弱い状態では感染してしまうことも十分にあり得ます。

まだワクチン接種をしていない子犬の感染率も決して低くはありませんので、注意が必要です。

スポンサーリンク

犬の咳やくしゃみなどの症状にも種類が

犬の咳やくしゃみなどの症状にも種類が

くしゃみをする犬というのはよく見かけますが、をしている犬というのはあまりイメージが湧かないという人もいるかもしれませんね。しかし、我々人間と同じ動物である以上、犬も咳をします。

咳は、体内の異物――例えば細菌やウイルスなどを体の外へ吐き出そうとする体の防御反応で、その仕組みは人間も犬もまったく同じです。では、犬が咳をしている場合、どのような症状が考えられるのでしょうか。

単に咳といっても、軽度な場合もありますし、深刻な病気を抱えている場合もあります。ざっくりとではありますが、以下に挙げていきましょう。

さほど気にしなくても良い咳

軽度な咳で、それほど気にしなくても良い咳というのもあります。例えば水を飲んでいてむせてしまったりした場合ですね。また、犬の風邪と呼ばれるケンネルコフによる咳もそれほど深刻に捉える必要はありません。

ただし、ケンネルコフの場合は咳も数週間続く場合もありますし、咳は体力を奪うことにもなりますので、軽視し過ぎることなく、必要に応じて動物病院へ連れていってあげた方がいいでしょう。

重篤ではないけれど獣医に診せた方が良い咳

やや湿り気のあるような咳をしている場合、アレルギー症状が引き金になっていることもあります。アレルギーが原因で咳をしている場合は、アレルギーを発症させているアレルゲン(アレルギー物質)から遠ざければ治まりますが、それだけでは完治するというものでもありません。

またアレルゲンに触れてしまえば同じことの繰り返しになりますから、一度獣医の診断を仰ぐようにしましょう。アレルギーが酷くなると咳だけでは済まなくなりますし、全身に発症するようになると治療も長期に及びます。

何より、アレルギーを患っている犬が最も可哀想なので、早めに動物病院へ連れていきましょう。

命に関わることもある重篤な咳

寄生虫の感染症や、肺の腫瘍、犬ジステンバーや心臓疾患など、命そのものに関わる病気が原因で咳をすることもあります。あまりにも咳が気になる場合や、激しく咳き込む、また、咳とともに粘液や膿、血液などが混じっているなどの症状が見て取れる場合は、とにかく早めに治療をする必要があります。

基本的に、元気がなくグッタリしているようなら、一刻の猶予も許されません。

気管虚脱の可能性も考える

気管虚脱というのは、玩具犬(トイ種)や肥満犬、高齢犬などに多く見られる症状です。この気管虚脱によって咳をするケースが結構多いのも特徴です。心疾患や呼吸器の疾患、遺伝などによっても引き起こされる病気で、気管が変形して呼吸が困難になってしまう症状が特徴です。酷い呼吸困難に陥って酸素が欠乏すれば命に関わります。

この病気は食事中に咳をすることもあり、ストレスによっても症状が悪化してしまうことがあります。特に、食事中であれば食べ物を喉に詰まらせてしまいますから、十分な注意が必要になります。

愛犬が鼻水を垂らしてる…疑うべき原因は?

愛犬が鼻水を垂らしてる…疑うべき原因は?

「犬の鼻は、濡れていて当たり前、鼻水もそのうち…」と思っている人がいるようですが、犬も鼻水を垂らします。鼻水の種類もいろいろありますが、鼻水が垂れる理由もさまざまです。くしゃみを伴うこともあるでしょう。ただの風邪のようなものでは済まされないこともあります。

愛犬が鼻水を垂らしたら「何らかのサインだ」と思っておけば、病気などの原因を見落とすことがなくなるはずです。鼻水について詳しく見ていきましょう。

愛犬が鼻水を垂らす原因はさまざまあります。病気だけとは限りません。アレルギー反応であることもあるのです。

アレルギー

透明な鼻水が出てきた場合に考えられるのは、アレルギーや感染症などです。くしゃみや鼻水だけの場合はアレルギーが原因かもしれません。例えば、花粉など植物に関係するものや、漂白剤などの薬品類など、タバコやハウスダストなどが挙げられます。

また、空気が乾燥して空気中にウイルスなどが蔓延していることも関係あります。そのような場合は湿度を上げましょう。70%ぐらいであれば空気中が潤っているので、愛犬を楽にしてあげることができます。室内にタオルを干したり、熱くない程度に温めた蒸しタオルで鼻と鼻の周りを拭いてあげたりするだけでも十分湿度をあげることになります。

アレルギー体質の愛犬がいる場合は、アレルゲンのある場所に近づかないだけで予防になります。それ以外にも、ニオイのきつい芳香剤や洗剤などを使うことも注意が必要です。出来れば無香料などを使うように意識しておくといいでしょう。ハウスダストが心配な場合は、こまめな掃除で防ぐことができます。

何がアレルゲンになっているかは、動物病院で血液検査をしてもらわないとわかりませんので、定期検診などを利用して受診し、調べてもらいましょう。

スポンサーリンク

うちにいた子は、花粉症と診断されたことがありました。春先と秋頃はくしゃみと鼻水を垂らしていました。この時期だけは、散歩を控えるだけでなく、私たち家族も外から帰ったら玄関前で、服についた花粉を落とすようにしていました。

また、何回もくしゃみをし、鼻水をポタポタと垂らしていたので「風邪か?!」となったことがありました。しかし、他の症状がまったくなかったので、様子をみることに。キッチンにいるときだけくしゃみをしていることに気づき、よく考えたところ、洗浄剤を使って掃除をしたばかりでした。この洗浄剤の何らかの成分にアレルギー反応を示したようです。

季節によって鼻水とくしゃみが出る場合もあります。この場合は花粉症が疑われますので、やはりアレルギー検査を受けましょう。

ウイルスや細菌などの感染

発熱や下痢などの別な症状が伴っている場合は、ウイルス感染が疑われます。この場合も鼻水だけでなく、くしゃみを伴います。ただ、症状はこの他にも出てきます。

  • 発熱
  • 目が赤い
  • 下痢や嘔吐 など

鼻水が黄色くてドロッとしている場合、ウイルスや細菌などに感染している可能性があります。歯周病などの歯の病気が悪化して、鼻から出てきてしまうこともあります。それ以外に、透明でサラッとした鼻水が悪化した状態になると、菌をたくさん含んだ黄色や緑っぽい色になって出てきます。蓄膿症や、感染症の悪化が原因と考えられます。

このような鼻水が出てくると、のどの方にも落ちていくため、咳をします。そのあたりにも注意しておきましょう。聞き慣れない音がしますので、すぐに気がつくと思います。

鼻水以外の症状が一緒に見られたり、ウイルスや菌による感染症に関しては動物病院で予防接種を定期的に受けることが大切です。万が一感染するようなことがあっても軽く済むので、愛犬に苦しい思いをさせなくて済みます。

異物がある

異物といっても、物ではなくドロッとした鼻水などです。固形物が入った場合はくしゃみをすることで飛び出してきますので、すぐに症状は治まりますし、鼻水などが飛んでも少量です。うちの子がくしゃみをしたときに、鼻水と一緒にゴマが数粒出てきたことがありました。理由はわかりませんが、鼻の中に入っていたようです(苦笑)

鼻にドロッとした鼻水などがある蓄膿症や、口の中の炎症・歯槽膿漏を長い期間放置したことによって化膿したものが溜まります。呼吸が苦しくなるので鼻水が垂れてくることがあります。この場合もすぐに受診が必要です。

また、歯周病などにならないように、定期的に歯磨きをしたり犬用の歯磨きガムを噛ませたりという方法があります。

腫瘍がある

腫瘍ができている場合、血が混じった鼻水を垂らすことがあります。これが出たせいで、腫瘍があるとわかることが多いようです。鼻の粘膜を傷つけてしまってという場合を除き、犬は鼻血を出すことはほとんどありません。血が混じっている場合は、すぐに動物病院へ行く必要があります。

うちでも鼻血を出した犬がいました。父が「犬は鼻血なんて出さない、何かの病気かもしれない!」と慌てて病院に連れて行ったことがありました。そしたら、一緒に飼っていた猫に鼻を傷つけられたようで、外傷での出血だったということがありました(苦笑)。

他の動物と一緒に飼っている、ケンカをしたという場合は、外傷がないかどうかをチェックしてみるというワンクッションがあってもいいかと思います。(経験上ですけど…)

安易な自己判断は避けましょう

安易な自己判断は避けましょう

犬のくしゃみや咳、鼻水が気になった場合、まずすることと言えば、恐らくはネットで検索して当てはまる症状を探すことではないでしょうか?しかし、似たような症状でも原因はまったく異なっていることもあります。

確かにネットの情報は参考にはなりますが、それを完全に鵜呑みにしてしまうのはいけません。愛犬に異変が生じたら、まずは落ち着いて動物病院へ連れていくことを徹底しましょう。

飼い主がバタバタと慌てふためいたところで、犬にとっては不安でしかありません。ネットで検索した結果と獣医による受診結果がまったく違うこともよくあることですから、「自分で調べる」のではなく、「獣医に相談する」ことを覚えましょう。

軽い咳だから大丈夫!と侮っていたら、実は意外にも重度の病気が隠れていることもあります。重症化すればするほど、対処法も限られてしまいますから、ちょっとでも気になることがあったら、すぐに行動を起こす必要があります。

予防できる風邪のような症状もあれば、精一杯の注意を配っても防ぎきれないものもあります。何度も繰り返しになりますが、自己判断だけは絶対にNGです。

くしゃみや咳、鼻水などの症状は何らかの異常を知らせるサインだと述べましたが、意外な疾患を発見するというケースも珍しくありません。犬の異変を発見できるのは飼い主だけにしかできません。

自分で言葉を話せない犬は、「行動」でしか飼い主に訴えることができないわけですね。愛犬の無言の訴えに、いかに早く気付いてあげられるか?ということも、飼い主の責任として自覚しておくことが重要なのです。

スポンサーリンク

ワクチン接種が犬の体調管理に必要な第一歩です

ワクチン接種が犬の体調管理に必要な第一歩です

いつ何時、どのようなことが原因で病気を発症するか分かりません。しかし、くしゃみや咳をするということは、それ自体が何らかの異常を示すシグナルでもあるわけですね。つまり、一般的な病気予防を施すことで、ある程度は予防も可能だということになります。

では、犬の咳を予防するのに有効な方法は何か?というと、それはやはりワクチン接種です。基本的に、感染症の多くは混合ワクチン接種をすることで、未然に防止することができます。もちろんそれも100%ではありませんが、ワクチン接種をしているのとしていないのとではその発症率にも雲泥の差があります。

ケンネルコフでも寄生虫でも、まずワクチン接種があってこその予防ですから、薬品に対するアレルギーでもない限りは、できるだけ、ワクチン接種は怠らないようにした方がいいでしょう。

また、アレルギーが原因であれば、先にも述べたようにアレルゲンに触れさせないことが第一条件です。動物病院でアレルギー検査を受けるのもおすすめですし、安全なフードに切り替えるなど、食生活そのものを根本的に変える必要もあるでしょう。

もちろん、カーペット上のホコリやゴミ、ハウスダストなどが原因でくしゃみや咳、鼻水を垂らすこともありますから、お部屋の衛生管理も徹底しましょう。そうした対策をしっかりとしておけば、犬がくしゃみや咳をしまくるということはまずありません。

もしそうした環境であっても頻繁に咳をする場合は、やや深刻に受け止めるべきかもしれません。重篤な病気にしても発見が早ければ完治することもできますし、進行を緩やかにすることもできるはずです。

「気になるな」と思ったら、即病院へ駆け込むくらいの方がいいでしょう。万が一にも、愛犬の健康に関わることですから、少々大袈裟だっていいのです。

まとめ

以上のように、犬には「風邪」と呼ばれる病名はありませんが、くしゃみや咳、鼻水など風邪とよく似た症状が現れる病気は存在します。愛犬の健康を守るためには、まずワクチン接種は基本中の基本です。

愛犬の体調変化を見逃さないために、日頃からスキンシップをとっておくことも必要です。犬は自分で自分の健康を管理することができませんから、愛犬の健康維持のためには、何よりも飼い主が気を配ってあげなければなりません。

人と違って、犬は体内でビタミンを生成することができるため、基本的には人間よりも病気に強い体を持っています。しかし、何らかの症状が現れるということは体内の栄養素も不足してしまっているということになります。つまりそれは抵抗力が低下していることの証拠でもありますので、愛犬が体調を崩した際には、決して素人判断で考えるようなことはせず、早い段階で動物病院へ連れて行くことを意識しておきましょう。

ちなみに、犬の感染症の原因となる細菌やウィルスが、人に感染して悪影響を及ぼすことはないので安心しましょう。逆に、人の風邪も犬にうつってしまうことはありませんので、その点も安心して大丈夫です。

犬の健康管理(病気・怪我)
スポンサーリンク
愛犬に食べさせたいドッグフードランキング!おすすめ4選+番外編2選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。

「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さから厳選、おすすめ順にランキングで紹介します。

犬と歩む道