*

吠える理由はなに?犬の無駄吠えをしつける方法とは

      2018/06/20

吠える理由はなに?犬の無駄吠えをしつける方法とは

犬を室内で飼うことが増えてきたとはいえ、無駄吠えの問題がなくなったわけではありません。室内といっても、マンションなどペット可能な賃貸でもペットが嫌いな住人もいます。そうした人たちにとって、犬の鳴き声とは騒音と同じ区分なのです。

「犬だから吠えるのは当り前」だとは思っていませんか。無駄吠えは、しつけによって直すことができます。快適なペットライフを過ごすためにも、犬に無駄吠えをさせないようにしつけていきましょう。

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」DVD

無駄吠えをしつける理由とは

無駄吠えをしつける理由とは

そもそも、犬はどうして無駄吠えをするのでしょうか。犬は自己防衛や意思表示のために吠えていることがほとんどです。これは、本能によるものですから、犬の習性や吠える原因、個体や犬種の性格を理解しなければいけません。

犬にとって、吠えるという行為は当り前のことです。人が言葉を使ってコミュニケーションをはかるように、犬は吠えることによってコミュニケーションをはかったり、自分の意志を訴えたりしています。

ただ、あまりにも犬が吠えていると、特にご近所でのトラブルを招きかねません。「犬を飼っているから」と、自分が加害者になっているということの意識が低い飼い主もいます。

本来、動物を守る「動物の愛護および管理に関する法律」ですが、第七条には「動物の所有者または占有者は、動物の所有者としての責任を十分に自覚して人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない」と規定しているのです。

犬の無駄吠えは、自分の家だけでの問題ではないということを自覚しましょう。


犬の欲求を知ること

犬の欲求を知ること

犬にも人間と同様にストレスがあります。ストレスがたまるとさまざまな行動がみられますが、その中の一つが「よく吠えるようになる」ということで無駄吠えになるのです。

特に犬のストレスで一番多いのが、充分な散歩をさせてもらえないことです。

  • 散歩の時間が短い。
  • 外に出ている時間が少ない。
  • 他の犬とのふれあいが極端に少ない。

このような場合に、ストレスを感じる犬が多いといいます。このような原因に思い当たることがある場合には、犬を思いっきり外で遊ばせてあげることが大切です。

散歩は毎日行う必要はありませんが、だからといって無駄吠えをするまでになるということは、その回数や時間が充分に足りていないことを意味します。室内で飼われている小型犬だとしても、ときには安全なところで走らせてあげてください。

また、他の犬や飼い主とのコミュニケーション不足の場合もあります。家の中にいても優しく撫でてあげたり、お手入れをしてあげましょう。一緒に遊ぶ時間をなかなか確保できないという人でも、犬とコミュニケーションをとることができる方法はいくらでもあるのです。

参考:犬にもストレスはある!飼い主は原因を把握して解消してあげるべき

犬の特性を知ること

犬の特性を知ること

犬は警戒心から吠えることがあります。子犬の時に適切な社会経験ができなかった場合には、さまざまな物に対しての警戒心から吠えてしまうこともあるのです。元々、犬は縄張りという概念を持っています。

この縄張りに入ってきたものに対して吠えるという行動は、犬が本能的にもっているものなのです。ですから、家で飼っている犬が来客などに吠えるということは自然なことなのかもしれません。

さらに、臆病な犬は一般的に無駄吠えが多いとされています。危険に対しての警戒であることもありますが、恐怖からくるパニックである場合もあります。

これらのしつけとしては、飼い主以外の人間や他の犬との接触を多く与えるようにすることです。その際、成犬でも小さな子供に追いかけられたり、他の犬に飛びかかられたりすることでトラウマになってしまう場合もあります。

犬に怖い思いをさせないよう、飼い主が注意してあげてください。

飼い主も正しい知識を身に付けること

飼い主も正しい知識を身に付けること

犬は、本能的に吠える動物です。だからといって、無駄吠えをそのままにしておいていいというわけではありません。無駄吠えは飼い主のしつけの問題でもあります。

普段から、きちんと飼い犬との間で服従訓練などの基本的なしつけがうまく行われていれば、犬も無駄吠えが悪い事であると理解できるようになるのです。

普段はそれほど吠えない犬が、急に吠えだすような場合には、大抵その犬を吠えらせている何らかの原因があるはずです。

むやみに犬を叱るのではなく、なぜ吠えるようになったのか、原因を探す努力も忘れないようにしてください。原因を突き止めれば、正しい方法で犬の無駄吠えをしつけることができます。

参考:犬の鳴き声|その意味ちゃんと理解できていますか?

まとめ

吠えることは犬の本能ですが、吠える理由はまた別のところにあるのです。犬の欲求を正しく理解し、飼い主に不足があればその欲求を満たしてあげるようにしましょう。

無人島にでも住まない限り、ご近所との関係は避けられません。犬がトラブルの原因となってしまっては、最悪犬を手放さないといけない状況になってしまうことを覚えておきましょう。

正しい知識としつけによって、人間にとっても犬にとっても快適な環境はいくらでも作り出すことができます。犬の無駄吠えは家族だけの問題ではないことを、覚えておいてください。

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」DVD




  関連記事

愛犬の飼育に必要!?ペットサロンの利用の仕方と費用の目安

初めて犬を飼う人にとってはペットサロンは何が便利なのか?どんなサービスが受けられるのか?分からないものです。ペットサロンの利用の仕方や費用の目安も併せて紹介します。

犬や猫だけじゃない!一人暮らしでも飼いやすいおすすめペット9選

一人暮らしで寂しいからペットを飼おうと考えている人もいますよね。ここでは、犬猫以外にも一人暮らしで飼いやすいおすすめのペットを紹介しています。

放っておくのは可哀想?犬は意外と一人遊びが大好きなの!?

飼い主は愛犬を楽しませてあげたいと思うものです。犬が一人遊びしている姿をみて、放っておくのは可哀想かも?と思ってしまいがちです。実際のところ、犬の気持ちはどうなのでしょうか。

犬は飼い主に似る…ダメ親にも通ずる『ダメ飼い主の特徴』

犬の行動は、飼い主の鏡とも言われます。よく、子は親に似るとも言いますが、犬の行動を見れば飼い主がどのような飼育を行っているのか分かってしまうこともあります。 飼い主自身は

犬のノミ・ダニ対策をしよう!夏だけじゃダメ!年間を通した対策を!

犬のノミ・ダニ対策をしよう!夏だけじゃダメ!年間を通した対策を!

犬の飼育にあたって比較的見逃しがちなのがノミやダニの対策です。「我が家は清潔にしているからノミやダニなんて大丈夫!」と安心してしまうのは早計すぎます。 しっかりと対策をし

  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。