*

犬のお留守番に必要!自動給餌器はどの種類がおすすめ?

      2018/08/31

仕事や急な用事でどうしても家を空けなければならないことって、よくありますよね。そんな時、必然的に犬は留守番をしなければなりません。

家を空ける際、もっとも困るのが餌やりの問題。急な用事であれば帰宅も何時になるか分かりませんし、仕事でも常に同じ時間に帰宅するのが難しいこともあります。

ましてや突発的に残業になってしまうことだって珍しくありませんよね?空腹で飼い主の帰りを待つ犬のことを思うと胸が締め付けられてしまうという経験をされた飼い主さんもきっと多いことでしょう。

そこでぜひ導入を検討したいのが自動給餌器

ここでは、悩める飼い主さんにおすすめの自動給餌器についてご紹介していきます。人気の高い自動給餌器をひと通り揃えて特徴をまとめましたので、これから購入を検討している方は比較&検討してみて下さい。

まずは自動給餌器について、どんなものなのかから説明したいと思います。

そもそも自動給餌器ってなに?

そもそも自動給餌器ってなに?

まだ犬を飼い始めたばかりの飼い主さんや、これから犬を飼おうと検討されている飼い主さんの中には、「自動給餌器ってなに?」と思われる方もいるかもしれませんね。

自動給餌器は、読んで字のごとく、自動で餌やりをしてくれる頼れるアイテムのことです。

飼い主さんの中には、「帰宅が遅くなるから餌を多めに置いていく」という方もいらっしゃいますが、犬は目の前に置かれた餌を細かく分けて食べるという習性ではありません。

本来、犬は野生で生活していた動物です。野生の場合、いつ餌にありつけるかも分かりませんし、せっかく手にした餌をライバルや敵に狙われてしまうこともありますから、目の前にある餌はその場で全て食べてしまうという習性があります。

つまり、帰宅が遅くなるからと多めに餌を用意して行っても、犬はその餌を夜までとっておくことはありません。

また、運良く全部食べずに夜までとっておいたとしても、季節によっては餌が傷むことも十分に考えられることです。そうした場合に頼れるのが自動給餌器というわけです。

自動給餌器なら必要なときに必要な量の餌を与えることができるので、餌が傷んだり食べすぎたりすることを防ぐことができます。タイマーで餌の出る時間や量を設定しておくだけで留守番時の餌やりを行えるので、外出先や仕事中でも変に気をもむ心配もなくなります。

アイリスオーヤマペット用自動給餌器

 

今やペット用品でもすっかりお馴染みとなったアイリスオーヤマ。ペットグッズやペットシーツなどでもお世話になっている飼い主さんも多いことでしょう。

約1.5kgのドライフードを入れることができるタンクに加え、水の補充もしてくれます。留守番中は水替えなどもしてあげられませんから、いつでも新鮮な水を補充してくれるのはありがたい機能ですね。

しかも価格もとてもお手頃なのが嬉しい魅力で、非常に人気の高い自動給餌器です。

ラジオシステムズ ペットセーフおるすばんフィーダー(2食分)

 

ラジオシステムズというメーカーから発売されている『おるすばんフィーダー』も人気の自動給餌器。

こちらは、蓋付きのBOXがふたつ並んでいる感じのシンプルなデザインです。それぞれのBOXにタイマーが設置されているので、2食分をカバーすることができます。

セットした時間になると自動で蓋が開くタイプの自動給餌器で、電池式となっています。

また、海外製らしいシンプル設計になっているので、洗浄もしやすく衛生的なのもおすすめポイント。タンクタイプのように高さがないので、転倒の心配もありません。

オットスタイル 自動給餌器 オートペットフィーダー(6食分・音声録音機能付)

 

ブランド雑貨などを取り扱うオットスタイル(ottostyle.jp)から発売されている自動給餌器です。ボウルの中が6つに区分けされており、タイマーで蓋が回転することで6食分を自動で給餌してくれます。

おすすめポイントは音声録音機能。飼い主さんの声を約7秒録音することができます。

「ごはんだよ~♪」など、いつも掛けている言葉を録音しておけるので、寂しがり屋の犬も安心です。

繊細な性格の犬は飼い主がいないというだけで餌を食べないこともありますから、この音声録音機能はそうした犬にもおすすめできます。

また、この自動給餌器と同じようにボウルが回転することで5食~6食分の給餌をしてくれる類似品も多くあります。

価格などと照らし合わせて選ぶのがおすすめです。

ルスモ LUSMO ルスモ ペットフード・オートフィーダ

 

自動給餌器といえばルスモが有名ですね。デザインも人気ですし、機能性にも優れた自動給餌器です。

時間も分単位でフード量も細かく設定できますし、取っ手が付いて持ち運びしやすいのも便利です。価格はやや値が張りますが、それでも十分に元が取れるだけの使い勝手はあります。

1kgまでの餌をストックできるので、留守番時のみの利用なら十分に賄えます。

デザイン賞受賞!スタイリッシュ&高性能&デジタル表示

高級自動給餌器。他と比較して価格こそ高いですが、そのスタイリッシュな見た目と高性能は見逃せません!

 

山佐時計計器 わんにゃんぐるめ

 

こちらは、録音機能は付いていませんが、音声で餌やりを知らせてくれる機能が付帯しています。

タイマーも1分単位で細かく設定できますし、タンク容量も700gほどあるので、留守番時の利用には十分の量をストックできます。

最近は電池式の自動給餌器が増えていますが、このわんにゃんぐるめは1.8mの電源コードを使用します。電源コードも噛みつき防止タイプとなっているので、感電の心配もありません。

ペットウォッチ 自動給餌器 PW-SA白 PetWatch SA

 

Furbo おやつが飛び出すドッグカメラ



いま人気急上昇している自動給餌器がこのFurbo(ファーボ)です。商品名の通りおやつが飛び出しますが、ただの自動給餌器ではありません。

なんとスマホで遠隔操作でき、留守番中の愛犬におやつをあげることができます。※自宅に無線LAN(Wi-Fi)環境が必要。そしてさらに便利なのがカメラが付いているということです。

「離れていても、いつでも一緒。」というのがファーボのコンセプトですが、このカメラも専用スマホアプリ(無料)を使って遠隔操作できるため、留守番中の愛犬の様子をチェックしたり、おやつを出した時を動画や静止画で撮影できたりします。

外出中でもスマホさえあればリアルタイムの監視カメラとして使えますし、暗視モニターなので部屋の中が暗くても見ることができます。

また、マイクとスピーカーも内蔵されているため、話しかけたり愛犬の鳴き声を聞くこともできます。愛犬が吠えていたらスマホに通知されるなど、他にもいろいろ機能があります。

設置すれば転倒されないように工夫されていたり、愛犬が本体を舐めてしまっても安全な素材が使われていたりと、細部までこだわった造りになっているのは素晴らしいです。

このファーボは、自動給餌器としての機能はもちろんですが、外出中の愛犬の様子が心配な飼い主さんにおすすめです。

公式:離れていても、いつでも一緒。【Furboドッグカメラ】

詳細:お留守番中の愛犬をスマホで監視!ペットカメラ『Furbo(ファーボ)』の機能と口コミ評判

うちのこエレクトリック『カリカリマシーンSP』

ファーボ同様にカメラ&遠隔操作できるタイプで、一度に出る餌の量が多いのがこの『カリカリマシーンSP』

ファーボはあくまでおやつを与えるための設計ですが、カリカリマシーンSPはしっかりとした食事量をスマホ遠隔操作で与えることができます。タイマー機能を使えば1日数回に分けることができ、1回の与える量も設定できます。

公式:カリカリマシーンSP

詳細:スマホでカメラ監視も!犬猫用タイマー式自動給餌器『カリカリマシーンSP』とは?

『カリカリマシーン』

こちらは上記の『カリカリマシーンSP』の廉価版『カリカリマシーン』

スマホ遠隔操作機能を外したシンプルな設計にしてあります。余計な機能が必要ない人はこちらがおすすめ。カリカリマシーンSPに比べて機能が少ない分だけ価格がかなり安くなっています。

公式サイト:タイマー自動給餌器カリカリマシーン

まとめ

犬の自動給餌機

自動給餌器はここで紹介したもの以外にも、それこそ数えきれないほどの種類が発売されています。ペットショップやホームセンターなどで気軽に購入できるものから、通販でしか購入できないものまで様々です。

価格も、1,000円以下のものから数万円するものまで多種多様です。特別な機能を除き、『自動で餌やりをする』という視点だけで選ぶなら、それほど高価なものでなくてもいいかもしれませんね。

選ぶポイントとしては、電池式なのか電源コンセントを使うのかという点です。電源コンセントを使用するタイプの自動給餌器は停電時などでは作動しませんので、万が一のことを考えると電池式の方が安心です。

電池式は電池切れが心配だという人もいるかもしれませんが、少なくとも年に1回ほどのペースで電池を交換しておいてあげれば、電池切れの心配もほぼありません。

また、どのようなタイプの自動給餌器を使用するにしても、事前に慣れさせた上で使用するのがおすすめです。犬は初めてのものにはとても強い警戒感を抱きますから、慣れていない状態で自動給餌器を使用しても餌を食べない恐れもあります。

「自動給餌器があれば安心」というのも、犬がその自動給餌器に慣れていなければ意味がありません。使用前には、「自動給餌器は怖いものじゃないよ」という安心感を与えた上で活用しましょう。

【関連記事】




  関連記事

ネスレ(Nestle)のドッグフード『ピュリナワン』の特徴と口コミ評判

ネスレ(Nestle)のドッグフード『ピュリナワン』の特徴と口コミ評判

お菓子やコーヒーで有名なネスレ(Nestle)。そんなネスレから発売されているドッグフード『ピュリナワン』の特徴と口コミによる評判をご紹介します。

ペットカートの必要性や用途は?おすすめ犬用カートの選び方

ペットカートの必要性や用途は?おすすめ犬用カートの選び方

ペットカート(犬用カート)は、今注目のアイテムとして人気が出始めています。文字通り、犬を乗せるためのカートで、ベビーカーのように飼い主が押しながら歩くことができます。犬用

子犬の離乳食!スタートのタイミングとドッグフードへと切り替えるタイミングは?

子犬の離乳食!スタートのタイミングとドッグフードへと切り替えるタイミングは?

子犬の授乳期の後は離乳食に変えます。ここでは子犬の離乳食について、スタートのタイミングとドッグフードへ切り替えるタイミングについてご紹介します。

皮膚の弱い犬におすすめ!『ミネラルスパシャンプー』を使った飼い主の口コミ

皮膚の弱い犬におすすめ!『ミネラルスパシャンプー』を使った飼い主の口コミ

みなさんは愛犬のシャンプーに気を使っていますか?自分に使うものだったら肌質や髪質に合わせてシャンプーやコンディショナーにこだわっているけど、犬用はそんなに気にしていない。

ドッグフードランキング!評判の良さからおすすめ5選

ドッグフードランキング!評判の良さからおすすめ5選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さからおすすめを5つに厳選、ランキングで紹介します。

  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。