愛犬が脚を引きずってる…!?犬の関節炎の症状や治療法をチェック!

愛犬が脚を引きずってる…!?犬の関節炎の症状や治療法をチェック!

関節炎と言えば、私たち人間にとっても非常に馴染み深い症状のひとつですよね?膝の痛みによって思うように歩けなくなる症状で、最近では頻繁にテレビなどでもサプリメントのCMが流れていますし、情報番組などでも取り上げられたりもしているので、実際に関節炎に悩まされていない人でも知っているほどメジャーな症状となっています。

この関節炎、悩まされているのは人間だけではなく、犬も発症します。犬や猫などの4足歩行の動物は特に骨や関節にトラブルを起こしてしまうケースが多いです。原因は後ほど詳しく説明しますが、やはり老化や肥満です。

愛犬が関節痛を患っていたり、老化や肥満などで健康を害していたりしていたら、飼い主として胸を痛めてしまいますよね。老化となると避けては通れないものですが、骨や関節のトラブルを少しでも緩和させてあげられたら、愛犬も楽になると思います。

ここで犬の関節痛・関節炎の症状や原因、治療や予防方法などをご紹介していきますので、愛犬と楽しく健やかな生活を送るための参考にしてみてください。


犬の関節炎とは?

犬の関節炎・関節痛とは?

関節炎は、文字どおり関節が炎症を起こす症状で、体重を支える脚の関節が主な発症源です。人間の膝と同じようなものです。

また、膝関節や肘関節のほか、顎関節、肩関節、股関節、手根関節、足根関節などどこにでも発症し得る症状です。

関節というのは、骨と骨のつなぎ目の部分のことですが、骨と骨がぶつかり合わないよう、関節がスムーズに動かせるようにするための滑油、そしてその外側を覆う滑膜、骨と骨の間でクッションの役割を果たす軟骨がそれぞれ機能し合って足を曲げたり体を支えたりしています。

関節炎は、軟骨がすり減ったり消滅したりすることで骨と骨とが直接ぶつかり合って炎症を引き起こし、痛みを伴うようになります。人間も関節痛が起こると、コラーゲンやコンドロイチンが含まれているサプリメントを摂ったりして対策しますよね。犬も全く同じことなんです。

また、滑膜にも影響を与えて滑膜炎を招くこともあるほか、関節の骨が異常に増殖してしまう症状を招くこともあります。慢性的にゆっくりと進行していくことが多く、最終的に痛みによって歩くことができない状態になります。

愛犬の関節炎・関節痛…見極める方法は?

愛犬の関節痛…見極める方法は?

犬は自分で痛みを訴えることができませんので、飼い主がその表情や仕草から読み取ってあげるしかありません。

犬はなぜか、具合が悪くてもケガをして痛くても我慢するようです。具合が悪いとじっとしている姿を見ることはあっても何らかの異常を伝えてくることはありません。ですから、飼い主が愛犬の様子を普段から見ておくことが大切なのです。

関節痛がある場合、行動に異常が見られます。人も膝関節が痛いとき動きが取りにくくなりますよね。それは犬も同じだと考えてください。

主な症状としては次のようなものが挙げられます。こんな症状が見られたら、関節炎・関節痛が起こっている可能性があります。

  • 歩きたがらない(散歩・運動を嫌がる)
  • 歩き方そのものがおかしい(脚を引きずるなど)
  • 動かない(ぐったりしている)
  • 立ち上がるときに時間がかかる
  • 関節が腫れている
  • 脚を異常に気にする。脚に触れることを嫌がる・触ると痛がる
  • 関節が曲がらない(動きに鈍さがある)
  • 食欲が落ちる

人間でも、関節が痛いと歩きたくないですよね。行動するのがおっくうになってきます。犬も同じなんだと思ってください。高齢になってから表れる症状のように感じるかもしれませんが、原因が複数重なれば、5~6歳の犬でも関節痛を発症させてしまいます。

うちで飼っていた秋田犬のうち1匹(白:メス)が6歳で関節痛になりました。ある日、立ち方がおかしいことに気づいて動物病院を受診したのです。その時に、獣医から犬の関節に関する病気のことや痛みのことなどの説明を受けました。

治療で投薬や注射をしている姿を見るのは本当につらかったです。痛みが強かったようで足を引きずっていましたし、年齢を重ねるうちに散歩も嫌がるようになりました。

骨や関節にトラブルが起こっていると日常生活はもちろん、日課の散歩も楽しむことができなくなってしまいますので、早い段階で関節のケアが必要です。上記のような症状が見られたら、獣医の診察を仰ぐのがベスト。放置すると悪化する一方ですので、必ず早めの受診を仰ぎましょう。

なお、脚をひきずっているなど、似たような症状に椎間板ヘルニアもありますので注意してください。

動物病院ではどんな治療が行われる?

動物病院ではどんな治療が行われる?

一般的な治療としては、軽症であれば痛み止めや抗炎症剤などの薬を投与します。それと併せ、運動の制限や、肥満であればダイエットなどを行って症状が悪化するのを防いでいきます。それでも効果が現れない場合では、手術など外科的な治療も視野に入れることになります。

また、海外では幹細胞療法という治療法が普及してきているようです。犬の細胞を培養して幹細胞を作り、それを関節に注入して患部を治癒させる治療法で、その治療効果の高さが注目されています。

日本における幹細胞療法の普及は未だに進んでいませんが、治癒効果の高い治療法であるならば、近い将来それが当たり前になることを期待したいですね。

人間の理学療法としては、患部を温めるという方法が用いられることもあり、これなら家庭でも愛犬に施してあげられるかもしれません。獣医と話し合い、家庭でできる治療方法なども聞いておくといいでしょう。


犬の関節炎の原因はいろいろある!

犬の関節炎の原因は?

犬の関節炎の原因は、ほとんど人間のものと大差ありませんし、特定の犬種ではなく、どの犬種にも関節炎を引き起こすリスクがあります。

主には次のような原因が挙げられます。

  1. 加齢に伴うもの
  2. 肥満の影響
  3. 運動のし過ぎ
  4. 発育異常
  5. 遺伝など先天的なもの
  6. 感染症
  7. 外傷によるもの

1.加齢に伴う関節炎…変形性関節症

犬でも人間でも、関節炎といえばほとんどのケースがこれに当てはまります。関節の軟骨がすり減ったりすることが原因で、関節そのものがすり減ってしまったり変形してしまいます。

若い時分は軟骨がしっかりとありますので、痛みを感じません。歳とともに軟骨は減っていき、骨同士が当たりやすくなっていきます。骨と骨を支えて固定や可動する機能が低下し、やがて腫れや痛みはもちろん、脚を曲げ伸ばしすることすら困難になります。

2.肥満による関節炎…変形性関節症

肥満も関節炎の原因として多く報告されています。体重の増加によって関節に過度な負担がかかることで軟骨がすり減り、関節炎を引き起こします。

肥満になってしまうと、体を支えるだけでも軟骨のすり減りが起こります。体が重い状態で歩いたり走ったりすれば、軟骨はどんどんすり減って、痛みが伴ってきます。

愛犬が太ってきているなと感じたら、生活習慣を見直す必要があります。食べ過ぎや運動不足を解消し、体重管理をして予防することが可能です。

3.運動のし過ぎによる関節炎…変形性関節症

年齢に関わらず、激しい運動の連続によって関節に負担がかかり続けることに伴う関節炎です。このケースでも、飼い主の運動管理によって予防が可能です。

4.発育異常による関節炎…股関節形成不全・肘関節形成不全

発育の過程で骨の形成不全に伴うことで発症します。このケースでは、生後1年ほど経たなければ発見できないケースも多く、大型犬種に多く見られます。

5.遺伝などの先天的なものによる関節炎…免疫介在性関節炎など

免疫が、関節の軟骨や滑膜を異物とみなして攻撃してしまうことで発症します。免疫介在性関節炎というとちょっと難しく感じてしまいますが、人間でいえば関節リウマチと同じです。

小型犬種に多いとされていますが、現在のところすべての犬種において遺伝性が確認されているわけではなく、原因そのものもはっきりとしていません。

ただし、グレーハウンドに関しては海外において遺伝性が確認されています。

6.感染症に伴う関節炎…ウィルス性関節炎・細菌性関節炎など

体内に摂り込まれたウィルスや細菌が血液から関節へと侵入して発症するタイプと、手術や注射などから直接的に感染することで炎症を引き起こすケースが当てはまります。

放置は危険ですが、早期発見すれば完治の見込める関節炎です。

7.外傷による関節炎…脱臼や捻挫、骨折や靭帯断裂など

関節部分の怪我による炎症です。若くても怪我をすることが多かったり、事故にあったりするようなことがあれば、軟骨が異常をきたすことがあります。怪我の部位を治療することで完治の見込める関節炎です。

また、若い時にケガをしたり、事故に遭ったりするようなことがあれば、軟骨に異常が出てきてしまう可能性があります。手術などをしていればなおのことでしょう。


日頃のケアで関節炎・関節痛は予防できる!

日頃のケアで関節炎・関節痛は予防できる!

関節痛・関節炎、加齢や肥満などによる変形性関節症に関しては、日頃のケアで十分に予防することができます。

高齢犬であれば、早い段階からコンドロイチンやグルコサミンといったサプリメントを摂取したりすることで、予防することもできます。最近ではサプリメントだけじゃなく、犬の関節痛・関節炎ケアに対応したドッグフード(療法食)も製薬会社から販売されています。

関節を動かすための軟骨や筋肉を形成・強化するタンパク質もそうですが、関節をスムーズに動かすために必要な栄養素、グルコサミン・コンドロイチン・プロテオグリカン・コラーゲン・ヒアルロン酸などが豊富に含まれ、吸収率も良くなっています。こういったドッグフードを与えることは、最も手頃な予防法と言ってもいいかもしれません。

たとえば、コンドロイチンは軟骨内部の水分量を調節し、軟骨の破壊が進まないように防止する効果があることがわかっています。コンドロイチンと一緒にグルコサミンを摂取すると、効果が高まることが研究で証明されています。

私の愛犬は関節痛で足を引きずっていたので、あんなに喜んでいた散歩を嫌がっていました。もし当時からこういった関節に対応したドッグフードやサプリメントがあったら…と思うと、何だか残念な気持ちになってしまいました。

肥満予防・適度な運動も忘れずに!

また、肥満にならないように適切な管理をすれば肥満に伴う関節炎も予防できます。ドッグフードやおやつを与えすぎないことはもちろんのこと、適度に運動することも必要になりますので、獣医としっかりと相談することも忘れないようにしましょう。

もちろん、毎日長距離を歩かせるなど、犬に負担となるような運動のさせ過ぎも控えるべきで、犬種に応じて飼い主がしっかりと運動量を調整してあげましょう。関節痛・関節炎は周辺の筋肉を強化していくことも必要になります。

犬の健康管理(病気・怪我)
スポンサーリンク
愛犬に食べさせたいドッグフードランキング!おすすめ5選+療法食2選

犬にとって健康で長生きするために欠かせないものがドッグフードです。

「愛犬にぜひ食べさせたい!」と評判の良さから厳選、おすすめ順にランキングで紹介します。

犬と歩む道