*

病院に連れて行くべき?愛犬の毛が大量に抜ける『脱毛症』の原因と対処法!

      2018/07/02

愛犬に気になる症状が見られたときに、「これって動物病院に連れて行くべき?」という気持ちになることってありますよね。その中でも、「毛が抜ける」という症状については、季節性のものかもと迷ってしまいがちになるでしょう。

私も他の症状が見られたり、尋常じゃないほどの量が抜けたりしない限り、動物病院に連れて行くべきか悩みます。今回は、毛が大量に抜ける『脱毛症』についてお話ししたいと思います。


脱毛症の原因

病院に連れて行くべき?愛犬の毛が大量に抜ける『脱毛症』の原因と対処法!

大量に毛が抜けてしまうのには、原因があります。季節性の抜け毛以外に次のような原因が考えられます。

  • 皮膚炎(アトピー性・寄生虫によるものなど)
  • 感染症(カビや細菌など)
  • ホルモン異常
  • 内臓の疾患
  • ストレス

などです。1つずつ見ていきましょう。

皮膚炎の場合

アトピー性、食物アレルギー、ノミやダニなどの寄生虫が原因となります。こういったものはかゆみを伴います。そのため、毛が抜けるだけでなく、しきりに掻いたり噛んだりという動作を繰り返します。

皮膚炎の場合、体の部分的・局部的に発症することが多いようです。皮膚の状態を見ると、赤くなって炎症や発疹を起こしていたりします。

うちの子の場合は、しっぽの付け根や、脚の付け根など部分的に毛が抜け、よく噛んだりしていました。よく患部を見たら赤みがひどくなっていて、受診したということがありました。

参考:犬の皮膚病の原因4選!それぞれの対処法は?

感染症の場合

カビや細菌に感染することが原因です。こちらも皮膚炎の一種ですから、かゆみと炎症を起こします。発疹が出るということもあるようです。カビや細菌が原因で毛が抜ける場合も、体の部分的・局部的に発症します。

参考:犬の肌荒れを侮っては危険!その原因と対策とは?

ホルモン異常が原因

ホルモンバランスが崩れてしまうと脱毛症を引き起こします。ホルモンバランスの乱れで起こるものなので、かゆみなどはないようです。しかし、掻きすぎると皮膚が赤くなってきます。

うちの子は、出産後にひどく脱毛することがありました。お腹周りを中心にごっそり抜けていました。毛の状態もパサパサで、明らかに脱毛以外の症状がありましたので、受診しました。その時に言われたのが、性ホルモンの分泌異常です。産後しばらく続きました。

このようなホルモン異常で起こる脱毛症の場合、左右対称に出たり、色素沈着が起こったりします。


内蔵の疾患が原因

良く知られているのは、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)と呼ばれる病気です。副腎皮質ホルモンが、過剰に分泌されることで病気になります。そして、体にさまざまな症状が起こります。

左右対称に出る脱毛の他に、多飲多尿・無気力・筋力低下・腹部の膨らみなどがあります。(老化現象と間違われることもありますので、注意が必要ですね。)

ポメラニアンやダックスフンドなどの犬種はかかりやすいと言われています。

参考:犬のクッシング症候群とは?原因や症状を知って対処していこう!

ストレスの場合

ストレスが原因で毛が抜けてしまうことがあります。心因性脱毛といいます。毛の抜け方は、円形脱毛のような感じです。被毛が多いと見えにくいことがありますので、掻いたり舐めたりしていることが頻繁な場合は、被毛をよけて肌が見えているかどうかを確認しましょう。

しっぽの辺りや足先などに、部分的に肌が見えますので、「いかにも円形脱毛!」とわかります。かゆみはないようですが、気になるために舐めたりするようです。

ストレスが原因の場合、行動に変化が見られます。

  • 体の一部だけをずっと舐めている
  • 自分のしっぽをぐるぐると追いかけている
  • 問題行動をする(トイレ以外で粗相をするなど)

などです。

参考:犬にもストレスはある!飼い主は原因を把握して解消してあげるべき

その他の原因

遺伝が関係して起こる脱毛症があります。それが、カラー・ダイリューション脱毛症(淡色被毛脱毛症)です。今のところは、有効な治療法は見つかっていません。被毛の色が薄い犬に認められます。犬種を挙げますと、ドーベルマンやミニチュアピンシャーやダックスフンドなどに見られることがあります。

原因不明の脱毛症もあります。アロペシアX(脱毛症X)と呼ばれるものです。症状は、毛のボリュームがなくなったり、毛のパサつき感が出たりというものなどです。毛以外の症状がないというのがこの病気の特徴です。

ポメラニアンやチャウチャウ、キースホンドなどの北方系の犬種に見られるとのことです。

こんな症状に注意を!

こんな症状に注意を

脱毛症は、症状の1つです。「毛が抜けるだけで病院へ行くのはちょっと…」という飼い主さんもいるでしょう。注意したいのは、長引く症状と、脱毛以外に他の症状が見られることです。どちらにしても、何らかの病気が隠れている可能性が高いです。

皮膚の赤みがあるようであれば、カビや細菌、寄生虫などによる可能性がありますし、かゆがっていないのに大量に抜けて、毛がパサついているなどの症状があれば、ホルモンに関係する何らかの影響が考えられます。

脱毛の他に、皮膚が黒ずむ・フケが多く出る・毛づやが悪いといった症状がないかもチェックしておきましょう。


受診の見極めと対処法

脱毛が気になりだしたら、次のことをチェックしてみましょう。

  • かゆがっていないか
  • 皮膚が赤くなっていないか
  • 毛がパサついていないか
  • 食欲が落ちていないか
  • 元気があるか

何か1つでもある場合は、動物病院への受診をおすすめします。早い段階で受診すれば、早く治すことができますし、治療費も通院も比較的少なくて済みます。ノミやダニなどの寄生虫は、人にも影響を及ぼしますので、それを食い止めることができますね。

ストレスが考えられる場合は、スキンシップと運動が何よりの治療となります。引っ越しなどで環境が変わったり、飼い主との関係が希薄だったりすることがストレスになりますが、近所の環境変化(工事音など)があっても大なり小なりストレスを感じるものです。

愛犬との散歩を少し長めにするとか、ドッグランなどで運動をさせることがストレス解消に繋がります。

脱毛症の予防方法

予防方法

愛犬の脱毛は、飼い主さんが気をつけることで、ある程度予防することができます。

外部接触

散歩や外出が原因で、皮膚炎や感染症が引き起こすことがあります。アレルゲンを持っているなら、それに近づかないようにすることで予防できます。

また、野山や草むらなどにはノミやダニなどの寄生虫が多くいます。行かないことが一番ですが、連れて行く場合は、駆除剤などを使うことも必要ですね。

参考:犬のノミ・ダニ対策をしよう!夏だけじゃダメ!年間を通した対策を!

生活環境

食べ物にアレルギーがある愛犬を持つ場合は、ラベルをチェックしたり、エサを手作りしたりして予防に気をつけますよね。

掃除に関しても同じで、湿気がする季節などはカビの繁殖を抑えたり、空気清浄機のお手入れをこまめにしたりなどが予防になります。

エサ皿や水皿(水ボトル)など、口にするものは毎日キレイにすることで、カビや細菌の繁殖を防ぐことができます。生活環境を整えることが飼い主にも飼い犬にも優しいのです。

参考:犬のアレルギー症状とその原因!ドッグフードにも注意?

スキンシップ

ブラッシングはスキンシップの1つです。長毛犬は毎日行うでしょうが、短毛犬はそこまでこまめにはやらないでしょう。掻く仕草を見せたらブラッシングすれば、スキンシップにもなりますし、体の状態や毛の抜け具合をチェックすることができますので、予防になります。

参考:犬のブラッシングのやり方とおすすめのブラシまとめ

まとめ

季節性の抜け毛とは関係なく、脱毛が起こることがあります。それがなぜ起きているのかをしっかりと見てあげましょう。

感染症や皮膚炎などの病気によるものなのか、ストレスによるものなのか、他の症状は出ていないかなど、体を見て触ってあげることでさまざまなことがわかります。そこを大事にしてあげてくださいね。

長引いていたり脱毛以外にも症状が出ていたりする場合には自己判断は危険です。病気が隠れている可能性もあるからです。そんなときは早めに動物病院を受診しましょう。

参考:部屋が毛だらけに!?抜け毛の多い犬種とその対策




  関連記事

犬のクッシング症候群とは?原因や症状を知って対処していこう!

犬のクッシング症候群とは?原因や症状を知って対処していこう!

あまり聞き慣れない犬の病気『クッシング症候群』。ここでは犬のクッシング症候群の原因や症状、対処法をご紹介します。

犬が咳をする症状と原因は?その対策と予防について確認!

犬が咳をするのには何かしらの原因があるはずです。命にかかわる場合もあり、緊急を要することも。症状を見極めてその対策と予防についての知識を確認しておきましょう。

犬の肉球ケアと保護に!犬の靴&靴下の必要性とおすすめタイプ

犬の肉球ケアと保護に!犬の靴&靴下の必要性とおすすめタイプ

犬に肉球があることは誰もが知っている事実ですが、ケアが必要であることはあまり知られていないのではないでしょうか。何ともなければ良いのですが、季節や場所などによっては大変な

あれ?愛犬の歩き方が変!?椎間板ヘルニアの原因と症状

犬も人間同様に椎間板ヘルニアを発症する動物です。愛犬の様子が変だったり、何かおかしな歩き方をしていたら要注意!椎間板ヘルニアの原因と症状について詳しく紹介します。

オス犬の発情期!去勢手術のタイミングや費用は?

人間と同じようにオス犬には発情期があります。その時に見られる行動と、去勢手術についてその内容や費用の目安も紹介しています。

  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。