*

おとなしい犬を飼いたい…どんな犬種がいるの?

      2017/03/25

おとなしい犬を飼いたい…どんな犬種がいるの?

「この子はおとなしいですか?」

ペットショップなどでそういう質問をしている人を見かけることがあります。

逆に、スタッフが「この犬はおとなしい犬種だから飼いやすいですよ…」と説明している場面に遭遇することもあります。

おとなしい犬種――。たしかに、アパートやマンション、それに住宅密集地などで犬を飼育する場合、隣近所には迷惑をかけたくないからおとなしい犬種を飼育したいという人が多いのも事実です。

ご存知のように、犬には非常にたくさんの種類が存在します。それらを個別の種類ごとに「おとなしい犬種」「おとなしくない犬種」に分けることは結構難しく、ひとくくりにするのは至難の業なのです。

ほとんどの場合、「おとなしい犬種=吠えない犬種」ということになるかと思いますが、犬はそもそも吠えます。

近所迷惑になるのは避けたい…吠えない犬はどの犬種!?

そのため、「吠えにくい犬種」「吠える犬種」と大別することすら困難なのです。

同じ犬種であっても、吠える犬もいればあまり吠えない犬もいますし、性格や飼育環境によってバラバラです。

「この犬種はおとなしいですよ」と言われても、ストレスの度合いによってはうるさい犬へと早変わりしてしまうのです。

おとなしい犬を希望するのであれば、まずはおとなしく飼育できるようにしつけをし、環境を整えることをしなければなりません。

ストレスのかかりにくい飼育環境をしっかりと整え、手を抜かずにしつけを行うこと、そして愛犬とのコミュニケーションこそがおとなしい犬に育てるためのキーワードとなります。

それを十分に理解した上で、ここからは比較的おとなしい犬とされている犬種についてご紹介していきます。


従順な犬種の代表格!ゴールデン&ラブラドール・レトリバー

従順な犬種の代表格!ゴールデン&ラブラドール・レトリバー

ゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーなどは、おとなしくて従順な犬種として人気です。

ゴールデンもラブラドールも違う犬種ではありますが、賢くて従順さを兼ね備えた犬の代表格です。

大型犬でありながらとても優しくて温和な性格が基本となりますので、しっかりとしつければとてもお利口さんに育ってくれます。

逆に、ストレスを溜め込んだりなど飼育環境が悪ければ、吠え癖の強い犬種へと変貌しますし、場合によっては攻撃的になってしまうこともあります。

これだけ賢い犬種をそんな風に育ててしまうのはとてももったいないことですので、飼うからにはその賢さを生かしてあげられるような覚悟も必要です。

大型犬ですので、飼育スペースが確保できるのであればおすすめの犬種です。

知的で温和な大型犬!ゴールデン・レトリバーの性格としつけ方

家畜を誘導する!家畜を守る!勇敢で従順な牧畜犬!

家畜を誘導する!家畜を守る!勇敢で従順な牧畜犬!

バーニーズ・マウンテン・ドッグや、グレート・ピレニーズ、シェットランド・シープドッグ、ボーダー・コリーといった牧畜犬も、ゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーのように温和で賢いのが特徴です。

もちろん、しつけによっておとなしい犬にすることも十分に可能です。

人の代わりに家畜を誘導して、時にはオオカミや熊から守ってきたほどの勇敢さがあるので、パートナーとしてこの上ない存在感を発揮してくれるのも牧畜犬の魅力です。

ボーダー・コリーに至っては、知能の高さは全犬種中トップクラスです。こちらも、しつけや飼育環境の整備が行き届かなければ吠え癖が付くこともありますので注意が必要です。

また、大型犬~超大型犬でもあるので、飼育スペース確保は必須です。

優しくてとっても従順!大型犬で人気のある種類とは?!

人を守ることが最大の使命!護衛犬!

人を守ることが最大の使命!護衛犬!

護衛犬として活躍してきた犬種も、基本的には従順な性格をしているため、しつけ次第ではおとなしい犬に育てることが可能です。

例えば、山岳救助犬として活躍してきたセント・バーナードは、もともとは番犬として活躍してきた歴史があります。

性格は基本的に温和なので、しつければ従順でおとなしい犬に育てることができます。

ただし、しつけに失敗すると飼い主でもコントロールが効かなくなる恐れもありますので、仮に飼育スペースを確保できたとしてもある程度しつけに自信を持った人以外にはおすすめできません。

また、ニューファンドランドもその見た目からは想像もできないほど温和で従順です。

とても家族愛の強い犬種なので、コミュニケーションを十分にとってあげることも必要になります。

超大型犬ですので、しっかりと飼育スペースの確保をする必要もあります。

犬好きなら知っておきたい!超大型犬の種類9選

愛嬌抜群で住宅事情にもマッチ!小さな体で我慢強いパグ!

愛嬌抜群で住宅事情にもマッチ!小さな体で我慢強いパグ!

小型犬で飼育しやすい犬種として知られるパグは、しつけ次第でとても賢くおとなしい犬に育ってくれます。

吠えにくい犬種の代表格でもあり、比較的問題行動を起こしにくいというメリットがあるため、日本の住宅事情にもマッチしている犬種です。

仮に問題行動があったとしても、拾い食いといった程度ですので、隣近所に迷惑がかかるほどの問題行動は起こしにくいというとてもありがたい犬種です。

愛嬌があり、家族とも仲良くできるコミュニケーションを力も魅力です。

あの鼻ペチャなブサカワに癒される!?パグの性格としつけ方


こんな犬種たちも飼いやすい!しつけやすくておとなしい小型犬たち!

こんな犬種たちも飼いやすい!しつけやすくておとなしい小型犬たち!

その他、シー・ズーも我慢強くしつけのしやすい犬種です。

小型犬ですし日本の住宅でも飼育しやすいというメリットがあります。

また、ヨークシャー・テリア、トイ・プードル、パピヨン、キャバリア、ミニチュア・シュナウザーといった小型犬たちも、しつけをしっかりと行えば大人しい犬に育ってくれます。

可愛さで選ぶ?それとも飼いやすさ?今大人気な小型犬の種類12選!

まとめ

比較的おとなしい犬といわれる犬種をいくつかご紹介しましたが、これも冒頭で述べたようにしつけやストレスの度合い次第では吠え癖が付いてしまうこともあります。

逆に、一般的によく吠えると言われる犬であっても、しつけによっておとなしい犬に育てることも可能です。

いずれにしても、飼い主がどれだけ手をかけてあげられるかが最大のポイントとなることは間違いありません。

しつけにしても、しつけしやすいかどうかは犬よりもむしろ飼い主の資質によるところも大きいですし、しつけに失敗すればそれこそダメ飼い主と言われてしまっても致し方ないことでもあります。

「コミュニケーション=甘やかす」と勘違いしている人もいますが、その部分からしっかりと管理していかないとしつけにも手を焼いてしまいます。

完璧なしつけをしましょう!とまでは言いませんが、極度に甘やかし過ぎるようなことだけはないように心掛けましょう。

吠える理由はなに?犬の無駄吠えをしつける方法とは

子犬の時期からした方がいいの?犬のしつけを始めるタイミングは?


  関連記事



  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。