*

ロイヤルカナンの『柴犬専用ドッグフード』の口コミとその評判は?

      2018/02/03

ロイヤルカナンの『柴犬専用ドッグフード』の口コミとその評判は?

世界的に有名なロイヤルカナンでは、ペットフードを細分化しています。ドッグフードだけでもかなりの種類があります。その中でも、犬種によって分かれているラインナップを見てみると14種類もあり、さまざまな犬種の遺伝的要素や体質などに合うように作られています。

今回は、ロイヤルカナンの『柴犬専用ドッグフード』を紹介したいと思います。アマゾンなどのサイトだけでなく、ドラッグストアやホームセンターなどの店舗でも取り扱いがあります。また、動物病院などで薦めているフードとしても知られていますね。

ロイヤルカナン『柴犬専用ドッグフード』 のラインナップ

柴犬は、胃腸が弱くて、アレルギー性皮膚炎を起こしやすい体質であると言われています。そんな柴犬の状態を考えて作られたドッグフードがロイヤルカナンの『柴犬専用ドッグフード』です。この柴犬専用は、年齢によって3段階に分かれているのが特徴です。

子犬用(生後10ヶ月まで)

 

柴犬の子犬時期は、成長段階ですので1番カロリーを必要とする時期です。『柴犬専用ドッグフード』の子犬用は、成犬になるまでの準備期間用にと作られました。このことは、ホームページにも記載されています。

【皮膚と毛の健康を維持】

健康のバロメーターである皮膚と毛の状態は、できるだけ健康に保っておきたいですよね。そのためにEPADHAルリチシャ油など、必要な栄養素をバランス良く配合しています。毛づやが良いと、飼い主としても気分が上がりますよね。

【消化をサポート】

発達段階にある子犬の消化器官は、成犬よりも消化吸収が劣ります。必要な栄養素がしっかり消化吸収できるように、腸内環境を整える腸内細菌バランスを保つようになっています。
また、消化性の非常に高いタンパク質(消化率90%以上の超高消化性タンパク)を配合しています。

【自然の抵抗力を維持】

柴犬の子犬は本来、ある程度の抵抗力を持っています。しかし、成長していく中で低下していくこともあるのです。そんなことにならないように、複数の抗酸化成分である、ビタミンEやビタミンC、ルテインやタウリンなどを配合しています。

参考:子犬にとって理想的な食事は?おすすめのパピー用ドッグフード

成犬用(生後10ヶ月以上8歳まで)

 

柴犬は運動量の高い犬です。そのため筋肉が発達し、活発な動きができるようになります。しかし室内飼の場合や運動量が少ない場合など、適切な食事の与え方をしないと肥満になってしまうのです。その辺りをサポートできるフードです。

【理想的な体重の維持】

欲しがるがまま与えてしまえば、肥満になってしまうことはお分かりですね。『柴犬専用ドッグフード』の成犬用は、適切なカロリー含有量に調整してありますので、理想的な体重の維持がしやすいようになっています。

【皮膚と毛の健康を維持】や【消化をサポート】にあたっては、子犬用と同じように配合されています。

中高齢犬用(8歳以上)

 

8歳以上になると、シニア犬とか老犬と呼ばれる年齢になります。そうなってくると、加齢に伴って起こる認知機能の低下などに気をつけなければなりません。

また、年齢に伴って基礎代謝や運動量が減ってきます。肥満にならないようにするためにもカロリーに注意する必要が出てきます。それをサポートするためのフードです。

【中高齢期のサポート】

加齢で衰えてくる認知機能をサポートするために、トリプトファンや複数の抗酸化成分をバランス良く配合しています。この年齢になってくると、肝臓の働きにも注意が必要です。そのために、リンの含有量を適量に調整してあります。

【高品質なタンパク質】

年齢を重ねていくことで、腸内環境が低下していきます。そのために消化を助けられるように高品質のタンパク質を使っています。そのおかげで、便も良い状態を保てます。

【皮膚と毛の健康を維持】や【消化をサポート】にあたっては、子犬用や成犬用と同じように配合されています。

参考:老犬に最適な食事とは?ドッグフードはシニア用に切り替えるべき?

ロイヤルカナン『柴犬専用ドッグフード』の口コミにはさまざまな意見が!

ロイヤルカナン『柴犬専用ドッグフード』の口コミにはさまざまな意見が!

ロイヤルカナンの『柴犬専用ドッグフード』は、多くの方が飼い犬に食べさせているようで、たくさんの口コミが出ていました。プラスな口コミとマイナスな口コミに分けてありますので、参考にしていただけたらと思います。

評判の良い口コミ

  • 動物病院で薦められ、ロイヤルカナンに変えたら、食いつきの良さにびっくりです。
  • 大容量も売っているので助かります。しかもこのお値段は、コスパが良いです。
  • 皮膚トラブルはないですし、便も状態のいいものが毎日必ず出ます。
  • 食欲をそそる匂いなのか、食事を準備していると待ちきれないと急かしてきます。
  • 信じられないくらい毛づやが良くなりました。本当に驚いています。
  • 快食快便で、毛づやが良くなりました。

食いつきが良いことや、食べたことによって毛づやが良くなっているといった高評価がとても多かったです。
それに次いで、便の状態が良いことがあげられていました。

低評価な口コミ

  • うちの子は、アレルギー症状が出て掻きむしっていました。体質的に合いません。
  • フードのニオイがきつくて臭い。
  • 好きじゃないのか、食べムラがあり、必ず残しています。
  • 発がん性物質が含まれていると記載があり、安全性に不安を覚えたから食べさせられません。

主原料が、穀物であるせいか、アレルギー体質の子は症状が出てしまったという声がいくつかありました。それ以外には、ニオイや食べムラなどがあるようです。個々で好きな味嫌いな味があるので仕方がないとは思いますが…。

原材料や発がん性物質について

原材料や発がん性物質について

マイナスな口コミにもあった「発がん性物質が含まれていると記載があり、安全性に不安」ということが気になり、原材料や発がん性物質について調べてみることにしました。

穀類が主原料

パッケージを見ますと、主原料は穀物となっています。犬は肉食であることから、「良くないのではないか」と口コミや評価に書かれる部分です。

現代の食品加工技術はすごく発達しています。それによって、植物性タンパク質の消化率が向上し、動物性タンパク質と大差がないという考え方がされています。

ロイヤルカナンでは、栄養バランスをしっかり考えて、穀物の消化吸収率が向上するように加工しています。アレルギー体質の子は、食べられない可能性がありますが、悪いフードではないことを知っておいてもいいと思います。

酸化防止剤のBHA

ロイヤルカナンには、酸化防止剤のBHAが使われているようです。BHAは、発がん性のある添加物です。プレミアムフードと呼ばれるフード類には入っていないとされる物質ですので、飼い主さんからすれば、「安全なの?食べさせて大丈夫?」といった不安が頭をよぎることと思います。

ロイヤルカナンの公式ホームページを確認してみたところ、BHAの使用量についての記述があり、「ペットフード安全法で定められた使用基準の数分の1」とのことでした。ロイヤルカナンでは、安全量をしっかり見極めて使っています。

食の安全などのこういった議論は人用・動物用問わずどんな製品にも尽きないわけですが、食べさせるかどうかは最終的に飼い主さんの判断になるでしょう。他のドッグフードもそうですが、全てにおいて気にし出したらほとんど何も与えられなくなってしまうわけですが、だからといって全く気にしないというのも違いますよね。

まとめ

ロイヤルカナンの『柴犬専用ドッグフード』は、栄養バランスをしっかり考えて作られていることがわかりました。

愛犬の健康管理を考えた時に、柴犬の遺伝的要素や体質などを考慮して作られているなんて素晴らしいと思いました。(うちの子が柴犬だったら、食べさせたいと思いました!)

動物病院でも薦めているということは、そんなに悪いものではないということではないでしょうか。購入時にどれにするか迷ったときの選択肢の1つに入れてもいいドッグフードだと思います。

 

 

ロイヤルカナンドッグフードの関連記事




  関連記事

食欲不振なの?犬がごはんを食べない原因9選

愛犬がごはんを食べない時は心配になりますよね。いつもと何だか様子が違うような、食欲不振なのかもしくは病気なのか…。原因として疑うべきことを紹介します。

口コミで評判!?犬の療法食『健康ダイエットドッグフード犬心』

犬が肥満だったり病気を患ってしまった際には「療法食」が必要です。いま口コミで評判となっている健康ダイエットドッグフード『犬心』の特徴を紹介します。

FINEPET'S(ファインペッツ)ドッグフードの口コミ評判は?

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフードの口コミ評判は?

数あるドッグフードの中でも原材料の安全性で評判のFINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフード。その特徴や口コミの評判を併せてご紹介します。

犬の尿路結石のための療法食『ロイヤルカナン phコントロール』の評判とデメリット

犬の尿路結石のための療法食『ロイヤルカナン phコントロール』の評判とデメリット

犬の尿路結石に特化した療法食であるドッグフード『ロイヤルカナン phコントロール』。その内容と評判、愛犬に与えることによるメリット・デメリットについて紹介します。

老犬に最適な食事とは?ドッグフードはシニア用に切り替えるべき?

老犬になったら食事を見直す必要があります。ドッグフードはシニア用に切り替えるべきなのか?また、老犬にはどのようなタイプのドッグフードが最適なのか?を紹介します。

  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。