*

これだけは覚えさせたい!犬のしつけ4選

      2017/03/25

これだけは覚えさせたい!犬のしつけ4選

犬にはしつけが不可欠です。

犬にとってしつけがなぜ大事かというと、それは問題行動を回避するためです。

犬としての社会性は子犬の段階で覚えていくものですが、適切な時代を過ごせないままペットショップに陳列されてしまう子犬もとても多いため、飼い主の手に渡った後に問題行動を起こしてしまうケースが頻発しています。

そのため、犬を購入するならペットショップよりも母犬の下で兄弟たちと適切な社会期を過ごした子犬の方がよいと言われるのです。

逆に、どんなに適切な社会期を過ごした子犬であっても、最低限のしつけができていないために問題行動に走ってしまう犬がいることもまた事実です。

できれば子犬の段階でしつけをしておくことが望ましいことですが、例え成犬であってもしつけをすることは可能です。

すぐにしつけることは難しいことかもしれませんが、何度もチャレンジすれば問題行動の改善に繋がっていきます。

ここでは、最低限しつけておきたいことについて、ご紹介していきます。

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」DVD

お手・お座り

お手・お座り

お手やお座りをさせる意味について、その根拠が分からないという飼い主さんもいるかもしれませんね。

お手やお座りは一芸ではありません。

なぜ、お手やお座りを覚えさせるのかというと、それは飼い主に対して服従させることを認識させるためです。

犬の祖先はオオカミですから、基本的には群れでの生活が主です。

群れはリーダーに従って生活&行動をしていきますから、犬にしつけをするなら飼い主がリーダーであることを認識させることが重要です。

その第一歩として、お手やお座りを覚えさせるといった簡単なことから始めるのが有効です。

それって必要?犬に『お手』『お座り』のしつけ方

無駄吠え

無駄吠え

無駄吠えに悩む飼い主さんも多いはず。

本来、「吠える」という行動は犬にとっては至極当然なものですから、吠えること自体が問題ということではありません。

無駄吠えという表現のため、吠えることそのものが良くないことと捉えられがちですが、実際に問題となるのは、『飼い主にとって吠えられては困る状況で吠える』ということが、無駄吠えの定義ということになります。

つまりは人間側の都合に合わせてしつけをしていくことになりますから、吠える行動をしつけるという意味ではなく、どういった状況で吠えてはいけないのかをしつけていくことがポイントです。

無駄吠えを抑えるために、声帯を除去してしまう飼い主もいますし、無駄吠え防止のグッズ(ショックカラー等)なども販売されていますが、それらはハッキリ言って好ましいこととは言えません。

「吠える」というのは犬本来の行動で、意思表示を示す上でも大切なものです。

それを無理矢理に矯正することはストレス以外の何物でもありませんから、自分で上手にしつけができないなら、まずはドッグトレーナーなど専門家の指示を仰ぎましょう。

吠える理由はなに?犬の無駄吠えをしつける方法とは

噛み癖

噛み癖

噛み癖には様々なタイプがあります。

  • 威嚇
  • 遊び
  • 嫌悪
  • 本能
  • 恐怖
  • 興奮

噛み癖のしつけをするなら、その噛み癖がどういったことが原因となっているかを判断しなければなりません。

例えば、子犬であれば歯の生え変わりの時期には人間の赤ちゃんと同じように口の中がむず痒くなることで、物を噛んだりすることがあります。

また、恐怖から噛んでしまうのであれば、その対象(犬や人)に慣れさせることから始めなければなりません。

「嫌いな人に触られたくない」「痛いところを触られたくない」といった理由で噛む犬もいますし、遊んでいる延長線上で噛んでしまう犬もいます。

その犬が、どういう心理で噛むという行為をするのかを把握した上で、噛み癖のしつけを行うことが重要になります。

また、これはそのまま「唸る」という行為のしつけにも繋がりますから、唸り癖のある犬をしつける場合も、以上のことを意識してしつける必要があります。

どうして噛むの?犬の噛み癖を直す方法

トイレのしつけ

トイレのしつけ

犬を飼い始めても、ただトイレシートを敷いておけばそこで勝手にトイレをしてくれるわけではありません。

トイレのしつけができていなければ、家中のあちこちでおしっこやうんちをしまくってしまうことになってしまいます。

また、これまではちゃんとトイレができていたのに、あるときから急にトイレを失敗するようになるというケースもあります。

トイレの失敗にも理由があり、それを飼い主が理解してあげないことにはしつけもままならなくなります。

もっとも良くないのが、トイレを失敗した犬に対して大声で叱りつけたり、失敗した場所へ鼻を押し付けたりする行為です。

そうした行動をしてしまうと、犬はトイレを失敗したことを怒られているのではなく、おしっこやうんちをした行動そのものに対して怒られていると勘違いしてしまいます。

最悪の場合、家の中ではトイレをしなくなってしまうこともありますし、実際にそうしたケースも少なくありません。

逆に、粗相してすぐに大声を出したり犬の元へ駆け寄ったりすると、「トイレをすれば飼い主が来てくれる」という風に勘違いしてしまうこともあります。

そこから、「おやつをくれる・遊んでくれる」という心理へと繋がり、自分をアピールするためにわざとトイレを失敗してしまう行動へとエスカレートする可能性もあります。

トイレのしつけを行う場合、失敗したときにすぐに犬を飼い主の見えない場所へ移し、静かに片付けてしまうのがもっとも有効なしつけです。

高齢になってトイレの失敗が増えてしまう場合は、もはや我慢してあげること以外に方法はありませんから、おむつなどを使用してあげましょう。

犬のトイレトレーニングをしよう!上手なしつけ方とは?

まとめ

しつけの仕方については、飼う前にしっかりと学んでおくことが必要です。

また、言うことを聞かないからといってすぐに暴力を振るったりする行為も絶対NGです。

犬のしつけというと「服従」という視点がポイントとなるため、中には「服従=暴力」という風に勘違いしてしまう飼い主もいます。

しかし、暴力はただ怯えさせるだけで何のメリットも生まれません。

しつけを焦るあまり、思わず手を出したくなることもあるかもしれませんが、それをしてしまうとパートナーとしての信頼関係も壊れてしまいますから、注意が必要です。

しつけには我慢が付き物ですから、犬のためにどれだけ我慢してあげることができるのかも飼い主の力量となります。

もしそれができないのであれば、専門家にお願いするか、もしくは犬の購入を諦めた方がいいでしょう。

しつけをしておくことは、愛犬が人間社会で生活していく上では欠かせないことです。

それに愛犬のためだけでなく飼い主のためにも必要なことですから、我慢強く愛情を持ってしつけをしていきましょう。

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」DVD

 

子犬の時期からした方がいいの?犬のしつけを始めるタイミングは?

犬をしつけるためには絶対に知っておきたい『犬の習性』5選!

しつけもスムーズになる!犬の飼育は上下関係をはっきりさせることが大切なポイント


  関連記事



  • 猫好きさんはこちらもチェック 猫がいる生活。